スマホカメラにシャッター音は必要?日本だけの常識だった!

スマホのカメラといえばシャッター音が必ずなるものですよね。

これは盗撮などの犯罪を防ぐために、必ずシャッター音もマナーモードなどの消音状態でもなるようになっています。

でもこれって日本だけの常識だってご存知でしたか?

海外のスマホですと、カメラのシャッター音なしを選べます。

iPhoneなども、日本のスマホですとシャッター音なしがありませんが、なんとグローバル版のiPhoneはシャッター音なしがあるそうです。

正直日本人としては驚きでした!

確かにスマートフォンではデフォルトのカメラではシャッター音が出てしまいますが、無音カメラなどのアプリを入れれば誰だってシャッター音なしで撮影ができます。

正直犯罪でスマホカメラを使っている人は当然アプリを使っているはずです。

じゃあもうすでに意味がないじゃないかというわけです。

またカメラ音でシャッター音が出る以外にもスクリーンショットを撮った時のシャッター音も困りますよね。

せめてこちらは無音にしてほしい!と思いませんか??

これからはもしかしたら変わるかもしれませんが、ガラケー時代からのシャッターオン無音化できないという名残はしばらくは残っていきそうな気もしますね。

スマホカメラにシャッター音は必要?日本だけの常識だった!

スマホのカメラといえばシャッター音が必ずなるものですよね。

これは盗撮などの犯罪を防ぐために、必ずシャッター音もマナーモードなどの消音状態でもなるようになっています。

でもこれって日本だけの常識だってご存知でしたか?

海外のスマホですと、カメラのシャッター音なしを選べます。

iPhoneなども、日本のスマホですとシャッター音なしがありませんが、なんとグローバル版のiPhoneはシャッター音なしがあるそうです。

正直日本人としては驚きでした!

確かにスマートフォンではデフォルトのカメラではシャッター音が出てしまいますが、無音カメラなどのアプリを入れれば誰だってシャッター音なしで撮影ができます。

正直犯罪でスマホカメラを使っている人は当然アプリを使っているはずです。

じゃあもうすでに意味がないじゃないかというわけです。

またカメラ音でシャッター音が出る以外にもスクリーンショットを撮った時のシャッター音も困りますよね。

せめてこちらは無音にしてほしい!と思いませんか??

これからはもしかしたら変わるかもしれませんが、ガラケー時代からのシャッターオン無音化できないという名残はしばらくは残っていきそうな気もしますね。

スマホカメラにシャッター音は必要?日本だけの常識だった!

スマホのカメラといえばシャッター音が必ずなるものですよね。

これは盗撮などの犯罪を防ぐために、必ずシャッター音もマナーモードなどの消音状態でもなるようになっています。

でもこれって日本だけの常識だってご存知でしたか?

海外のスマホですと、カメラのシャッター音なしを選べます。

iPhoneなども、日本のスマホですとシャッター音なしがありませんが、なんとグローバル版のiPhoneはシャッター音なしがあるそうです。

正直日本人としては驚きでした!

確かにスマートフォンではデフォルトのカメラではシャッター音が出てしまいますが、無音カメラなどのアプリを入れれば誰だってシャッター音なしで撮影ができます。

正直犯罪でスマホカメラを使っている人は当然アプリを使っているはずです。

じゃあもうすでに意味がないじゃないかというわけです。

またカメラ音でシャッター音が出る以外にもスクリーンショットを撮った時のシャッター音も困りますよね。

せめてこちらは無音にしてほしい!と思いませんか??

これからはもしかしたら変わるかもしれませんが、ガラケー時代からのシャッターオン無音化できないという名残はしばらくは残っていきそうな気もしますね。

スマホを持っていないのに音楽を楽しめる!?スポーツウォッチ!

ランニングする時に音楽を聴いて運動する人は多いのではないでしょうか。

スマートフォンやポータブル音楽プレーヤーを入れるスポーツ用のバッグなどもありますが、やっぱりちょっと邪魔ですよね。

そんな運動の特に役立つスマートウォッチがあります。

「TomTom SPARK」というスポーツ用のアイテムで、見た目はデジタル時計です。

音楽再生の機能と、心拍数の測定機能など、内容によって、3種類6モデルをラインナップしていて、使用目的によって好きなものを選ぶことができます。

価格も機能によって違って、1万9720円〜4万3740円となっています。

操作はシンプルなワンボタンコントロールとなっていて、40Mまでの防水機能も備えているそうですので、雨の日の運動にも安心です。

バンドは付け外し可能で、違う色にすることもできます。

専用アプリをスマホに入れれば、運動した内容を管理できたり、クラウドにアップロードしてパソコンから見ることも可能です。

腕時計型でしたら、運動のきも邪魔になりませんし、音楽も聞けるのは嬉しい機能です。

専用アプリの他にも他社のアプリとも連携できますので、使える幅も広がりそうです。スポーツ用のスマートウォッチを探している人は検討してみてはどうでしょうか。

スマホを持っていないのに音楽を楽しめる!?スポーツウォッチ!

ランニングする時に音楽を聴いて運動する人は多いのではないでしょうか。

スマートフォンやポータブル音楽プレーヤーを入れるスポーツ用のバッグなどもありますが、やっぱりちょっと邪魔ですよね。

そんな運動の特に役立つスマートウォッチがあります。

「TomTom SPARK」というスポーツ用のアイテムで、見た目はデジタル時計です。

音楽再生の機能と、心拍数の測定機能など、内容によって、3種類6モデルをラインナップしていて、使用目的によって好きなものを選ぶことができます。

価格も機能によって違って、1万9720円〜4万3740円となっています。

操作はシンプルなワンボタンコントロールとなっていて、40Mまでの防水機能も備えているそうですので、雨の日の運動にも安心です。

バンドは付け外し可能で、違う色にすることもできます。

専用アプリをスマホに入れれば、運動した内容を管理できたり、クラウドにアップロードしてパソコンから見ることも可能です。

腕時計型でしたら、運動のきも邪魔になりませんし、音楽も聞けるのは嬉しい機能です。

専用アプリの他にも他社のアプリとも連携できますので、使える幅も広がりそうです。スポーツ用のスマートウォッチを探している人は検討してみてはどうでしょうか。

スマホを持っていないのに音楽を楽しめる!?スポーツウォッチ!

ランニングする時に音楽を聴いて運動する人は多いのではないでしょうか。

スマートフォンやポータブル音楽プレーヤーを入れるスポーツ用のバッグなどもありますが、やっぱりちょっと邪魔ですよね。

そんな運動の特に役立つスマートウォッチがあります。

「TomTom SPARK」というスポーツ用のアイテムで、見た目はデジタル時計です。

音楽再生の機能と、心拍数の測定機能など、内容によって、3種類6モデルをラインナップしていて、使用目的によって好きなものを選ぶことができます。

価格も機能によって違って、1万9720円〜4万3740円となっています。

操作はシンプルなワンボタンコントロールとなっていて、40Mまでの防水機能も備えているそうですので、雨の日の運動にも安心です。

バンドは付け外し可能で、違う色にすることもできます。

専用アプリをスマホに入れれば、運動した内容を管理できたり、クラウドにアップロードしてパソコンから見ることも可能です。

腕時計型でしたら、運動のきも邪魔になりませんし、音楽も聞けるのは嬉しい機能です。

専用アプリの他にも他社のアプリとも連携できますので、使える幅も広がりそうです。スポーツ用のスマートウォッチを探している人は検討してみてはどうでしょうか。

スマホ 格安SIMという概念

やっぱり、格安スマホがいいという人たちは、そろそ真剣に、MVNO、格安SIMについて学ばなければならない時ではないでしょうか。MVNO(仮想移動体通信事業者)が、格安SIMを提供しているのです。なぜ、MVNO(仮想移動体通信事業者)が、格安SIMを提供出来るのかと言えば、ここでは、大手キャリアとは違い、価格の競争が起こっているからです。いろいろな企業が進出して、非常に活性化しているのが、MVNO(仮想移動体通信事業者)。それと比較すれば、docomo、au、SoftBankというトライアングルとは、価格競争を起こさないクソのような存在かも。

私達は、格安SIMという概念によって、そのクソ・トライアングルから抜け出すことが出来たということです。MVNO、格安SIMといいますが、同時に私達は、BIGLOBE、IIJmio、日本通信、ニフティ、楽天モバイル、DMM mobileなどといういろいろ会社と接することになります。だから、最低月額660円で利用出来るという嬉しい事態が起こります。

 

スマホ 格安SIMという概念

やっぱり、格安スマホがいいという人たちは、そろそ真剣に、MVNO、格安SIMについて学ばなければならない時ではないでしょうか。MVNO(仮想移動体通信事業者)が、格安SIMを提供しているのです。なぜ、MVNO(仮想移動体通信事業者)が、格安SIMを提供出来るのかと言えば、ここでは、大手キャリアとは違い、価格の競争が起こっているからです。いろいろな企業が進出して、非常に活性化しているのが、MVNO(仮想移動体通信事業者)。それと比較すれば、docomo、au、SoftBankというトライアングルとは、価格競争を起こさないクソのような存在かも。

私達は、格安SIMという概念によって、そのクソ・トライアングルから抜け出すことが出来たということです。MVNO、格安SIMといいますが、同時に私達は、BIGLOBE、IIJmio、日本通信、ニフティ、楽天モバイル、DMM mobileなどといういろいろ会社と接することになります。だから、最低月額660円で利用出来るという嬉しい事態が起こります。

 

スマホ 格安SIMという概念

やっぱり、格安スマホがいいという人たちは、そろそ真剣に、MVNO、格安SIMについて学ばなければならない時ではないでしょうか。MVNO(仮想移動体通信事業者)が、格安SIMを提供しているのです。なぜ、MVNO(仮想移動体通信事業者)が、格安SIMを提供出来るのかと言えば、ここでは、大手キャリアとは違い、価格の競争が起こっているからです。いろいろな企業が進出して、非常に活性化しているのが、MVNO(仮想移動体通信事業者)。それと比較すれば、docomo、au、SoftBankというトライアングルとは、価格競争を起こさないクソのような存在かも。

私達は、格安SIMという概念によって、そのクソ・トライアングルから抜け出すことが出来たということです。MVNO、格安SIMといいますが、同時に私達は、BIGLOBE、IIJmio、日本通信、ニフティ、楽天モバイル、DMM mobileなどといういろいろ会社と接することになります。だから、最低月額660円で利用出来るという嬉しい事態が起こります。

 

スマホメモリ USBメモリを接続して認識

スマホメモリが、足りない、その時、USBメモリを利用してみてはいかがでしょうか。

スマートフォンとUSBメモリを接続するため、USBホスト変換アダプタケーブルが必要です。家電量販店ではなかなか販売してないかもしれませんので、インターネットのAmazonで購入してみてください。

SANWA SUPPLY USBホスト変換アダプタケーブルなどと言ったものです。

Esファイルエクスプローラーをインストール。スマートフォンXperiaの場合、 設定から端末情報、ビルド番号、 そしてビルド番号を8回ほどタップしてみてください。すると、開発者向けオプションが表示されます。

「USBデバック」と「USB経由のアプリを確認」をチェック、そして、USBを接続。Esファイルエクスプローラー内の操作で、USBのファイルをスマホ内に移動出来ます。外す際は、「設定」から「ストレージ」、「USBストレージのマウント解除」を選んで、変換アダプタからUSBメモリを取り外しします。

スマホに関するマメ知識はこちら