My best Friend IT http://www.phoneyfred.org Wed, 17 Aug 2022 06:00:00 +0000 ja hourly 1 http://wordpress.org/?v=3.2.1 広告ブロックアプリ「Adblock Browser」は簡単に広告をブロックできる! http://www.phoneyfred.org/2022/08/18/diary-20220818/ http://www.phoneyfred.org/2022/08/18/diary-20220818/#comments Wed, 17 Aug 2022 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/phoneyfredorg/2022/08/18/diary-20220818/ “スマホを使っていて、ネット検索の時に広告が表示されるのが邪魔くさい…と感じたことがある人は多いはず。広告を表示しないようにするために1番簡単な方法は、広告をブロックしてくれるアプリを使用することです。広告ブロックアプリは数多くありますが、今回はその中でも有名な「Adblock Browser」のAndroid版の使い方をまとめてみましょう。
【Adblock Browserとは?】
Adblock BrowserはWebページ上に表示される広告を消してコンテンツのみを表示するブラウザ拡張機能「Adblock Plus」を使って広告を全消去してくれるAndroid向けのアプリです。Adblock Browserは複雑な設定なしで、インストールしてWebページを開くだけで広告を全消去してくれるので非常に便利なアプリとして人気を集めています。
【Adblock Browserの使い方とは?】
Adblock Browserの使い方をまとめてみましょう。
1、GooglePlayストアで「Adblock Browser」を検索し、インストールする
2、ホーム画面にAdblock Browser Android版が表示されるので、タップして起動させる
3、最初の画面で初期設定を行う
4、見たいページを表示する
5、広告が出る場合には、右上のメニューから「このサイトで広告をブロック」にチェックを入れる
6、設定完了
たったこれだけの設定で、煩わしい広告表示を消すことができます。このブラウザを使用すれば簡単に消せますし、メインで使っているブラウザ設定を一切触ることなくできるのもよいでしょう。
【ケースバイケースで使い分けるのがおすすめ】
広告をブロックすることはユーザーにとってメリットが大きいですが、広告の中には自分の知らなかった有益な情報が掲載されているものもあります。もし広告を見ていなかった存在自体知らなかった…という情報もありますし、広告が全て悪いというわけではありません。また広告を見ることによって、そのコンテンツの提供者側はお金が入る仕組みになっているので、それによってよりよいコンテンツにつながるという事実もあります。
そこでAdblock Browserなどの広告ブロックのアプリを使用するのはケースバイケースにするのがよいでしょう。今見ているページで「この広告が邪魔で嫌」と感じる場合には、Adblock Browserなどのブロックアプリで非表示にすると快適にページを見ることができます”

]]>
http://www.phoneyfred.org/2022/08/18/diary-20220818/feed/ 0
5G対応スマホの「Play6T Pro」とは? http://www.phoneyfred.org/2022/08/05/diary-20220805/ http://www.phoneyfred.org/2022/08/05/diary-20220805/#comments Thu, 04 Aug 2022 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/phoneyfredorg/2022/08/05/diary-20220805/ “5Gの超低遅延や同時多接続をいかすとタイムラグなしで作業することができますので、自動車の自動運転やドローンを使った作業、遠隔医療などでも役立たせることができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くの機器メーカーから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「Play6T Pro」という5Gスマホがあり、迫力満点の映像体験を堪能できる高精細大型ディスプレイや朝から夜まで好きなことを楽しめる大容量バッテリー、省電力性と高い処理能力を実現した高性能CPUや低照度の環境でも明るく手ブレを抑えた高画質な写真が撮れる高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約28000円でRAM8GB/256GBモデルが約32000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約7.4ミリ、重さ約175gという誰でも握りやすくて持ち歩きやすい薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはゴールド、シルバー、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度FHD+ 2388×1080でアスペクト比19.9:9の約6.7インチTFT液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは40Wの急速充電やワイヤレス充電に対応している4000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 810 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約4800万画素+深度レンズがついた約200万画素のデュアルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(Magic UI 5.0)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーや冷却システム、防水・防塵機能やイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”Galaxy SIMフリースマホの紹介とメリット

]]>
http://www.phoneyfred.org/2022/08/05/diary-20220805/feed/ 0
5G対応スマホの「Samsung Galaxy A33 5G」とは? http://www.phoneyfred.org/2022/06/06/diary-20220606/ http://www.phoneyfred.org/2022/06/06/diary-20220606/#comments Sun, 05 Jun 2022 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/phoneyfredorg/2022/06/06/diary-20220606/ “5Gはデータの転送速度が大幅に向上しますし、1度に送れる量も大量になりますので、スマートフォンでも安心して快適に楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くのメーカーから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「Samsung Galaxy A33 5G」という5Gスマホがあり、見栄えがする美しい写真を撮影できる高性能カメラやコストパフォーマンスの高さを実現した高性能CPU、美しさや解像度やキャラクターの動きを滑らかに表示する高精細大型ディスプレイや長時間使用でも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約49000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約159ミリ、厚さ約8.1ミリ、重さ約186gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはピーチ、ブルー、ホワイト、ブラックの4色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2400×1080の約6.4インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは25Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、リフレッシュレートが90Hzに対応してGorilla Glass5を採用しています。
CPUはSamsung Exynos 1280 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約4800万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約500万画素+深度レンズがついた約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約1300万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 12(One UI 4.1)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでDolby Atmosや防水防塵(IP67)、イヤホンジャックやステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.phoneyfred.org/2022/06/06/diary-20220606/feed/ 0
最高の性能をもつハイスペックスマートフォン「Sony Xperia 5 II」 http://www.phoneyfred.org/2022/04/21/diary-20220421/ http://www.phoneyfred.org/2022/04/21/diary-20220421/#comments Wed, 20 Apr 2022 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/phoneyfredorg/2022/04/21/diary-20220421/ “スマートフォンユーザーのあらゆるストレスを軽減してくれるハイスペックスマートフォンとして、Sony Xperia 5 IIは高い人気を誇ります。
Sony Xperia 5 IIの特徴は、「高速CPUと大容量バッテリーが搭載されている」ところでしょう。このような性能をもつハイスペックスマートフォンは今では珍しくない・・・とされていますが、そんなハイスペックスマートフォンの中でも売れ筋になっているモデルがSony Xperia 5 IIです。
というのも、SonyのXperiaシリーズは「操作性がなめらか」になるよう工夫されているため、今ではユーザーから高い支持を得るようになりました。スマートフォンのサイズは大きくしたくない・・・、しかし操作性がよく高解像度のスマートフォンで動画視聴、ゲームアプリなどを楽しみたい場合は、Sony Xperia 5 IIが最も良いというユーザーも多いため、世界中で売れ続けているモデルとなりました。
なによりSony Xperia 5 IIには、「いたわり充電、STAMINAモードが搭載されている」ため、ほかのハイスペックスマートフォンよりもバッテリーが劣化しにくいのです。バッテリーが劣化するとなにがよくないのか・・・というと、従来よりもバッテリー充電に時間がかかるようになったり、故障につながる要因となるためよくないとされています。
スマートフォンはほかの電子機器と同じで今では高額なものが増えてきました。これはバッテリーについても同じで、安いものであれば2000円ほど、高いものになると5000円を超えるので、簡単に壊れてしまっては困る代物なのです。ですが今では、動画やゲームアプリを楽しむだけでも高負荷がかかってしまう時代になっているため、Sony Xperia 5 IIのようなストレスなく操作できる、耐久性も高いハイスペックスマートフォンが飛ぶように売れているのです。
Sony Xperia 5 IIのスペックですが、「CPUがQualcomm® Snapdragon™ 865 5G Mobile Platform 2.8GHz/1+2.4GHz/3+1.8GHz/4、RAM(メモリ)は8GB、ROM(ストレージ)は128GB
」となっておりますので、ほかのハイスペックスマートフォンよりも優秀であるのは確かです。
・・・ただ注意点として、Huawei、Samsungのようなスマートフォンメーカーの大企業と比較した場合、やや性能が劣っているのも事実です。たとえば、Sony Xperia 5 IIなどに搭載されているCPUは同じものがよく搭載されているのですが、RAM、ROMに関してはHuawei、Samsungのほうがわずかに性能がよいのです。ただしSony Xperia 5 IIはストレスなく操作できる、お手頃な価格帯で購入できるハイスペックスマートフォン、現在のところは品切れなどがあまり報告されていない・・・、このような大きなメリットもあるので、過剰な性能を求めないのであれば、Sony Xperia 5 IIを購入して問題ありません。
価格について補足させていただきますが、Sony Xperia 5 IIはdocomoで88,000円、AUでは88,140円、Softbankでは115,000円で販売されているような状況なので、docomoショップで購入するようにするだけでも、限界まで安く購入することが可能です。
現在ではコロナウィルスの影響もあり、「オンラインストアで購入するだけでキャンペーン適用となる」ケースが増えてきました。オンラインストアによっては1万円以上の割引キャンペーンが適用されるので、その場合は78,000円ほどでSony Xperia 5 IIを購入できるのです。
また、Sony Xperia 5 IIのそのほかのスペックについてですが、「サイズが高さ:約158 mm、幅:約68mm、厚さ:約8.0mm、重量は約163g、ディスプレイサイズは約6.1インチ」となります。Samsungのgalaxyシリーズに比べて小さいモデルとなりますが、今では高解像度のハイスペックスマートフォンが増えているため、6インチほどのディスプレイでも操作性が下がらないケースも増えてきました。そのため今では、Sony Xperia 5 IIを購入されるユーザーが増えているのです。
Sony Xperia 5 IIは、「バッテリー容量が4,000mAh、防水・防塵性能ありで防水機能はIPX5/IPX8、防塵機能はIP6X、生体認証ありで指紋に対応」となっているため、高性能で多機能というレビューは間違っていません。
現在も積極的にキャンペーン適用しているサイト、オンラインストアは多いので、安定した購入が可能なのもSony Xperia 5 IIの強みといえるでしょう。”

]]>
http://www.phoneyfred.org/2022/04/21/diary-20220421/feed/ 0
安くても性能はバッチリな「Xiaomi 11T」 http://www.phoneyfred.org/2022/02/26/diary-20220226/ http://www.phoneyfred.org/2022/02/26/diary-20220226/#comments Fri, 25 Feb 2022 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/phoneyfredorg/2022/02/26/diary-20220226/ “ハイスペックスマートフォン並みの性能があるのに、価格が5万円台のスマートフォンを探している人には、「Xiaomi 11T」がオススメです。
安いスマートフォンを多く手掛ける企業として有名なXiaomiですが、ベンチマークスコアでもトップにランクインしているほどのスマートフォンが多いため、信頼と実績のあるスマートフォンメーカーとしても有名になってきました。
Xiaomi 11Tはつい最近に販売されたモデルで、登場は「2021年11月」となりますので、最新のスマートフォンを安く購入したい人にとっても、Xiaomi 11Tは最善のスマートフォンの1つといえるでしょう。
Xiaomi 11Tの特徴となりますが、「チップセットにDimensity 1200 Ultraを搭載」となっておりますので、チップセットは最新のものがよいという人であっても、Xiaomi 11Tはその条件を満たしているハイスペックスマートフォンです。
しかもXiaomi 11Tは、「AnTuTuベンチマークスコアで58万前後を記録」しているので、すでに実力が証明されているスマートフォンを購入したい人にも、Xiaomi 11Tはオススメすることができます。ベンチマークスコアの補足となりますが、10万円を超えるハイスペックスマートフォンでも60~70万のものが多いため、Xiaomi 11Tは性能面においても優秀であることは疑いようがありません。
そのほかのXiaomi 11Tの特徴としては、「リフレッシュレート120Hz対応モデルでディスプレイに有機ELディスプレイを採用」となっています。現在のハイスペックスマートフォンとしては標準的・・・なのですが、Xiaomi 11Tは「10800万画素カメラ、67W急速充電、5G通信」といった、若い世代から注目を集めている機能を多数搭載しているので、世間から注目されている機能をもつスマートフォンが欲しい場合にも対応しています。
Xiaomi 11Tのスペックですが、「動作性能はDimensity 1200 Ultra、メモリは8GB RAM、AnTuTuベンチマークスコアは58万を記録、ストレージは内部128GB/外部非搭載」となっておりますので、参考価格が6万円を切っていることを考慮すると、中々Xiaomi 11T以上のものは見つからないと判断できます。
そのほかのXiaomi 11Tのスペックについては、「ディスプレイが6.67インチの画素数2400×1080 FHD+ 有機EL、カメラは背面10800万+800万+500万画素の前面1600万画素、バッテリー容量は5000mAh、重量は203g」となりますので、あえて欠点をあげるのであれば重いくらいでしょう。
ですが、ワイドディスプレイタイプのスマートフォンの多くは210~250gもありますので、Xiaomi 11Tは、その中では軽量な部類にはいります。”

]]>
http://www.phoneyfred.org/2022/02/26/diary-20220226/feed/ 0
話題のSIMフリースマホとは http://www.phoneyfred.org/2022/02/19/diary-20220219/ http://www.phoneyfred.org/2022/02/19/diary-20220219/#comments Fri, 18 Feb 2022 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/phoneyfredorg/2022/02/19/diary-20220219/ “簡単にまとめてしまうと、「サポートのサービスを抜いたスマートフォン」がSIMフリースマホです。
インターネット接続で例えるとわかりやすく、初期設定を自分でこなさいといけないのがSIMフリースマホの特徴でしょう。また、インターネット接続についての補足となりますが、現在ではそれほど難しいものではなくなっています。
というのも、SIMフリースマホを購入後にSIMカードを差し込む、そして、近くのアクセスポイントを探してパスワードを入力すると、これだけでインターネット接続が可能になるからです。すでにパソコンでインターネット接続、切り替えをしたことがある・・・という人であれば、SIMフリースマホとの相性は抜群であるといえるでしょう。
また、SIMフリースマホのようなスマートフォンのスタイルは、「最近になって誕生したものではない」ところもポイントです。たとえば、海外であればSIMフリースマホは一般的で、日本国内では最近になって有名になってきた・・・、という状況になっています。なので、日本国内でSIMフリースマホを購入してしまうと、インターネット接続で支障が出るケースもありません。
インターネット接続の補足となりますが、大手キャリアの場合は大手キャリアで用意しているインターネット回線を使用しています。それに対してSIMフリースマホは、大手キャリアで用意されているものを借りるような形でインターネット接続するため、その分だけスマートフォンの端末価格などをおさえることが可能なのです。
SIMフリースマホは怪しいサービスではありません。実際に、ヤフーモバイルでもそうですが大手企業もSIMフリースマホのサービスには力を入れていますし、その影響でスマートフォンの端末価格が2万円を切る・・・そんな時代になりました。
では、SIMフリースマホにはデメリットはないのか・・・というと、デメリットはあります。たとえば、「利用制限、通信が不安定になる時間帯、サービスが少ない」といったポイントも踏まえて、SIMフリースマホを購入するか決めましょう。
ちなみに、SIMフリースマホはサービスが少ないといっても、「オプションサービスが少ない」という意味なので、インターネット接続に別料金がかかるという意味ではありません。オプションサービスというのは、困ったときの電話によるサポートや初期設定、紛失時の補償サービスなどが該当します。”

]]>
http://www.phoneyfred.org/2022/02/19/diary-20220219/feed/ 0
5G対応スマホの「realme Q3s」とは? http://www.phoneyfred.org/2021/12/20/diary-20211220/ http://www.phoneyfred.org/2021/12/20/diary-20211220/#comments Sun, 19 Dec 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/phoneyfredorg/2021/12/20/diary-20211220/ “4Gスマホは混雑する場所でつながりにくくなってイライラすることもありますが、5Gに対応しているスマートフォンは同時多接続を可能にしていますので、スムーズにネットワーク接続させることができます。
その5Gに対応しているスマートフォンには数多くの機種がありますが、その中の一つに「realme Q3s 」という5Gスマホがあり、大部分のゲームもストレスなしでプレイできる高性能CPUや高い没入感も実現している高精細大型ディスプレイ、簡単に色鮮やかな写真を撮影できる高性能カメラや安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM6GB/128GBモデルが約29000円でRAM8GB/128GBモデルが約33000円でRAM8GB/256GBモデルが約36000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約8.5ミリ、重さ約199gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルーとオーロラの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが144Hzに対応して解像度FHD+ 2412×1080でアスペクト比20:9の約6.6インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは30Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約4800万画素+ポートレート撮影ができる約200万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.1の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、パノラマモード、プロモード、フォトタイマー、レベリング、バーストモード、顔認識、歪み補正、AIシーン検出、フェイスアンロック、HDR、スクリーンフラッシュ、ハイブリッド光学ズーム、スーパーナイトモード、プロフェッショナルモード、カウントダウンタイマーなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(realme UI 2.0)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.phoneyfred.org/2021/12/20/diary-20211220/feed/ 0
5G対応スマホの「NZONE S7 Pro+ 5G」とは? http://www.phoneyfred.org/2021/11/28/diary-20211128/ http://www.phoneyfred.org/2021/11/28/diary-20211128/#comments Sat, 27 Nov 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/phoneyfredorg/2021/11/28/diary-20211128/ “4Gから5Gに変わることで社会インフラを大きく変えることができますので様々な分野で注目されていますし、日本国内でも急速に普及しています。
その5Gに対応しているスマートフォンは日本国内だけではなく海外でも多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「NZONE S7 Pro+ 5G」という5Gスマホがあり、タスクを効率的に処理する高性能CPUやどんな時間帯でも鮮明で美しい写真が撮影できる高性能カメラ、バッテリー切れを心配せずに楽しめる大容量バッテリーやどこでも見やすい高精細大型ディスプレイなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約44000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約161ミリ、厚さ約7.5ミリ、重さ約181gという握りやすい薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはシルバー、ブルー、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは66Wの急速充電に対応している3800mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 720 MT6853 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで増設することができます。
カメラはF値1.9の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約800万画素+深度レンズがついた約200万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、背景ぼかし、オートHDR、手振れ補正、AIライブシャッター、パノラマモード、AIライブストーリー、フォーカス再生、ナイトモード、ポートレートモード、ビューティーモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.phoneyfred.org/2021/11/28/diary-20211128/feed/ 0
5G対応スマホの「motorola edge 20 lite」とは? http://www.phoneyfred.org/2021/11/20/diary-20211120/ http://www.phoneyfred.org/2021/11/20/diary-20211120/#comments Fri, 19 Nov 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/phoneyfredorg/2021/11/20/diary-20211120/ “4Gスマホは多くの人がスマートフォンを使用する混雑した場所では繋がりにくくなることもありますが、5Gスマートフォンは同時多接続という特徴がありますので快適に使用することができます。
その5Gに対応しているスマートフォンは数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「motorola edge 20 lite」という5Gスマホがあり、美しい画像や映像を撮影できる高性能カメラや高精細かつ色鮮やかな画像や動画を再生する高精細大型ディスプレイ、サクサク動く高性能CPUや旅行でも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約46000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約166ミリ、厚さ約8.2ミリ、重さ約185gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはエレクトリックグラファイトとグリーンの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度FHD+ 2400 x 1080でアスペクト比20:9の約6.7インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは30Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 720 MT6853V 2.0GHz オタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大256GBまで増設することができます。
カメラはF値1.9の明るいレンズがついた約10800万画素+超広角レンズがついた約800万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
また、デュアルトーンLEDフラッシュ、HDR、ハイブリッド光学ズーム、光学式手ぶれ補正、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーや冷却システム、防水・防塵機能やイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.phoneyfred.org/2021/11/20/diary-20211120/feed/ 0
5G対応スマホの「China Telecom Maimang 10 SE 5G」とは? http://www.phoneyfred.org/2021/10/09/diary-20211009/ http://www.phoneyfred.org/2021/10/09/diary-20211009/#comments Fri, 08 Oct 2021 06:00:00 +0000 admin http://ec2-52-1-165-199.compute-1.amazonaws.com/phoneyfredorg/2021/10/09/diary-20211009/ “5Gの同時接続数は4Gの10倍以上とされていますので、インターネットと家電などを連動させて様々なシーンで役立たせることができるでしょう。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くの機器メーカーから様々な機種が発売されていますが、その中の一つに「China Telecom Maimang 10 SE 5G」という5Gスマホがあり、大部分のゲームもストレスなしでプレイできる高性能CPUやキレのあるシャープな写真が撮影できる高性能カメラ、迫力ある映像で楽しめる高精細大型ディスプレイや長時間使用でも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約29000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約198gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはパープル、ブルー、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは解像度HD+ 1600×720でアスペクト比20:9の約6.5インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは22.5Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 480 5G SM4350 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約1300万画素+マクロ撮影ができる約200万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、デュアルトーンLEDフラッシュ、ポートレートモード、スーパーナイトモード、パノラマモード、スローモーション撮影、HDR、ハイブリッド光学ズーム、電子式手ぶれ補正、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid11でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーや冷却システム、防水・防塵機能やイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

]]>
http://www.phoneyfred.org/2021/10/09/diary-20211009/feed/ 0