Xperia XZ1 Compact SO-02K

「Xperia XZ1 Compact SO-02K」は、ソニーモバイル製のAndroid 8.0搭載スマートフォン。NTTドコモの2017年冬モデルとして11月中旬に発売されます。1年ぶりの登場となるXperiaのコンパクトモデルで、Xperia XZ1と多くのスペックが共通で、4K撮影やスーパーハイスピード撮影が可能なカメラ、ハイレゾDAC内蔵のオーディオなど、フラッグシップ級の性能を備えます。人の顔などを3Dモデルにできる新機能「3Dクリエイター」にも対応しています。4.6インチのHDディスプレイを装備します。メインカメラは1920万画素、インカメラは800万画素。チップセットは「Snapdragon 835 MSM8998」(2.45GHz×4+1.9GHz×4、オクタコア)で、メモリは4GB。ストレージは32GBで、microSDXC(最大256GB)をサポートします。OSはAndroid 8.0 Oreoを搭載して、ボディカラーは写真のWhite Silverのほか、Horizon Blue、Black、Twilight Pinkをラインナップしています。

AQUOS K SHF34とGRATINA KYF37

折りたたみ型ケータイのAQUOS Kは、ワンプッシュで開けるボタンや、よく使う電話番号や機能を割り当てられるクイック起動キーを搭載しています。ディスプレイは3.4型のqHD(540×960ピクセル)液晶。前モデル「AQUOS K SHF33」と同じ本体サイズをキープしながら、約1.3倍となる1800mAhのバッテリーを搭載した。IPX5/8の防水とIP6Xの防塵(じん)、耐衝撃性能もサポートしています。GRATINAも折りたたみ型のケータイ。騒がしい場所でも通話の声が鮮明に聞こえるよう、ディスプレイ全体で音を伝える「スマートソニックレシーバー」を搭載しています。通話終了後に、直前の通話内容を音声データとして保存できる「あとから録音」、同じ相手から10分以内に2回以上の不在着信が続くと、段階的に着信音を大きくする「ステップアップ着信」など、通話を便利に使える機能を充実させています。ディスプレイは3.4型のフルワイドVGA(480×854ピクセル)液晶で、IPX5/8の防水とIP6Xの防塵(じん)、耐衝撃性能もサポートします。