遊び、ビジネスに対応してくれる「GALAXY Note8」

“テレビコマーシャルでもお馴染みのGALAXY Note8ですが、実は、デジタルペン機能でも優秀な機能を持つスマートフォンなのです。
今では、「スマートフォンを遊び、ビジネスに活用」というトレンドも存在し、そのため、デジタルペン機能に近い機能を持つスマートフォンが、ここ最近で一気に増えました。しかしGALAXY Note8は、「高性能プロセッサ搭載モデル」となっており、動画視聴、写真撮影、SNSの利用にも長けるスマートフォンなのです。
カメラ機能については、GALAXY Note8独自の「光学手振れ補正機能を搭載」しているモデルで、「広角や望遠に対応しているズームレンズ搭載」についても、多くの利用者から支持されています。
また、GALAXY Note8のデジタルペン機能は、「本体にペンを収納できる」ため、ペンを紛失する、取り出すのに時間がかかるといった、従来のデジタルペンの問題も克服しているのです。”

スマートフォンの「g07」

“シンプルなアルミボディで美しい外観を実現し、強化ガラスを採用して高強度も実現させているスマートフォンが「g07」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはブラックとホワイトの2色が用意されており、ボディサイズは幅約75ミリ、高さ約152ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約150gです。
ディスプレイは約5.5インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは急速充電に対応した3000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMT6750TオタクコアプロセッサでメモリはRAMが3GB、内蔵ストレージは32GBで、カメラはオートフォーカスやHDR機能がついた約1300万画素のメインカメラとLEDフラッシュライトがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
このようなスマートフォンにはワンプッシュで動作を開始できるマルチファンクションキーや便利なストラップホールなどが付いています。”防水スマホ

スマートフォンの「AQUOS SERIE mini SHV38」

“大容量バッテリーや色鮮やかな省エネディスプレイを搭載しているの安心して使用することができ、滑らかな曲線と側面のカットラインによって持ちやすさやデザイン性も実現されているスマートフォンが「AQUOS SERIE mini SHV38」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはネイビー、ホワイト、シャンパンピンクの3色が用意されており、ボディサイズは幅約67ミリ、高さ約135ミリ、厚さ約8.6ミリ、重さ約134gといった薄型軽量コンパクトボディになっています。
CPUはMSM8952オタクコアプロセッサでメモリはRAMが3GB、内蔵ストレージは16GBです。
ディスプレイは約4.7インチフルHD IGZO液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは2400mAh大容量バッテリーが搭載されています。
こうしたスマートフォンには、光学式手ぶれ補正や高画質ブームがついた約2100万画素のメインカメラと広角レンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。”

新しい「airpods」について

近年ワイヤレスイヤホン、つまりBluetoothイヤホンが盛りがりました。そこで今回は新発売の完全ワイヤレスイヤホンについて書いていこうと思います。アップルは今までにも「airpods」と言う名前の、完全ワイヤレスイヤホンを出してきました。完全ワイヤレスイヤホンとは完全に線がなく、左右のイヤホンだけしかない、コンパクトを極めたBluetoothのイヤホンのことを指します。そんな完全ワイヤレスイヤホンに新しいのが登場しました。この新型では、従来のイヤホンよりも通話時間が50%も伸びる「H1チップ」を搭載しています。さらに、ハンズフリーでSiriと呼べば、道案内や音楽をかけたり、通話も出来るようになります。私は完全ワイヤレスイヤホンと言うものを使った事はないです。しかし、この新型のイヤホンは一度は使ってみたいと思わせるほど、便利で手軽に使える素晴らしい商品だと思いました。だから皆さんも是非使ってみてください。快適!スマホをポンと置くだけで充電できちゃうワイヤレス充電器とは?

スマホに急速充電や高速充電できる充電器

最近スマホの充電器を買おうとすると、たくさん種類があって困る事はないだろうか。その中でも「高速充電」や「急速充電」なんかをよく見かけるが、何が違うか皆さんは分かっているだろうか。今回私は、とある記事で充電について紹介されていたので、まとめた上で感想を書こうと思う。まず、高速充電や急速充電ができると言ってるから、その商品を買うと決めるのは少し待ってほしい。ケーブルだけ「急速」は意味がないのだ。きちんとバッテリー、ケーブル、端末がきちんと急速や高速に対応してるか確認する必要がある。理由は基本的に速度というのは、充電中に流れるA(アンペア)に依存するものだ。だから、その電流が端末に届くまでに最適なバッテリーやケーブルがないと、場合によっては遅くなることもあるのだ。最近のスマホはバッテリー容量が増えたので、基本的に流せる電流の上限が上がったからなお充電器やケーブルを買う時には注意しなくてはならない。

「Galaxy Note 5」のスペック

スリープ状態になっていてもペンを使用して手書きメモがとれるようになっており、本体背面には金属フレームとガラスをベースにしたデザインを採用して特徴的となっているハイスペックスマホが「Galaxy Note 5」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約76ミリ、高さ約153ミリ、厚さ約7.6ミリ、重さ約171gになっており、カラーバリエーションはシャンパンゴールド、シルバー、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイは約5.7インチ高解像度Super AMOLED液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーはワイヤレスでの高速充電が可能で内蔵タイプの3,000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはExynos 7420オタクコア2.0GHzを搭載していてRAMが4GBを採用しており、ストレージ容量は32GBと64GBが用意されています。
カメラは約1,600万メインカメラと明るいレンズが付いた約500万画素のインカメラが搭載されており、メインカメラにはVDISという手ぶれ補正機能や動画をストリーム配信できる機能が付いています。

「Redmi 3 Pro」のスペック

背面には高性能指紋認証センサーを備えていて、簡単にロック解除できるだけでなく強力なセキュリティ対策にもなり、大型液晶ディスプレイや高性能CPUなどを搭載したハイスペックスマホが「Redmi 3 Pro」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約69ミリ、高さ約139ミリ、厚さ約8.5ミリ、重さ約144gの軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはクラシックシルバー、クラシックゴールド、ファッションダークグレーの3色が用意されています。
ディスプレイは約5インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは急速充電に対応している4,100mAh大容量バッテリーを搭載しています。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン616オタクコア2.0GHzを搭載していてRAMは3GBになっています。
ストレージは32GBで128GBまで増やすことができます。
カメラは約1,300万画素のメインカメラと約500万画素のサブカメラが搭載されており、メインカメラにはF2.0の明るいレンズ、サブカメラにはF2.2の明るいレンズが付いています。

「Xperia XA Ultra」のスペック

大型ディスプレイを搭載しているのに連続使用時間が2日間と長くなっており、更には高性能カメラや高性能CPUなどが搭載されたハイスペックスマホが「Xperia XA Ultra」です。
このスマホのスペックは本体サイズは幅約79ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約8.4ミリ、重さ約202gとなっており、カラーバリエーションはブラック、ホワイト、ゴールドの3色が用意されています。
ディスプレイは約6インチIPS LCD液晶ディスプレイを搭載し、左右のフレーム幅が狭くなっている狭額縁設計が採用されています。
CPUはMediatek MT6755 Helio P10オタクコア2.0GHzを搭載していてRAMが3GBになっています。
バッテリーは最長で2日間使用可能な2,700mAh大容量バッテリーを搭載しています。
カメラは光学式手ぶれ補正機能付き高性能カメラ約2,150万画素のメインカメラと約1,600万画素のサブカメラが搭載されています。
ストレージは16GBでmicro SDカードを使用することで200GBまで増やすことができます。
ボディはメタル素材を採用し丸みを帯びているのが特徴的です。

Xperia XZ1 Compact SO-02K

「Xperia XZ1 Compact SO-02K」は、ソニーモバイル製のAndroid 8.0搭載スマートフォン。NTTドコモの2017年冬モデルとして11月中旬に発売されます。1年ぶりの登場となるXperiaのコンパクトモデルで、Xperia XZ1と多くのスペックが共通で、4K撮影やスーパーハイスピード撮影が可能なカメラ、ハイレゾDAC内蔵のオーディオなど、フラッグシップ級の性能を備えます。人の顔などを3Dモデルにできる新機能「3Dクリエイター」にも対応しています。4.6インチのHDディスプレイを装備します。メインカメラは1920万画素、インカメラは800万画素。チップセットは「Snapdragon 835 MSM8998」(2.45GHz×4+1.9GHz×4、オクタコア)で、メモリは4GB。ストレージは32GBで、microSDXC(最大256GB)をサポートします。OSはAndroid 8.0 Oreoを搭載して、ボディカラーは写真のWhite Silverのほか、Horizon Blue、Black、Twilight Pinkをラインナップしています。

AQUOS K SHF34とGRATINA KYF37

折りたたみ型ケータイのAQUOS Kは、ワンプッシュで開けるボタンや、よく使う電話番号や機能を割り当てられるクイック起動キーを搭載しています。ディスプレイは3.4型のqHD(540×960ピクセル)液晶。前モデル「AQUOS K SHF33」と同じ本体サイズをキープしながら、約1.3倍となる1800mAhのバッテリーを搭載した。IPX5/8の防水とIP6Xの防塵(じん)、耐衝撃性能もサポートしています。GRATINAも折りたたみ型のケータイ。騒がしい場所でも通話の声が鮮明に聞こえるよう、ディスプレイ全体で音を伝える「スマートソニックレシーバー」を搭載しています。通話終了後に、直前の通話内容を音声データとして保存できる「あとから録音」、同じ相手から10分以内に2回以上の不在着信が続くと、段階的に着信音を大きくする「ステップアップ着信」など、通話を便利に使える機能を充実させています。ディスプレイは3.4型のフルワイドVGA(480×854ピクセル)液晶で、IPX5/8の防水とIP6Xの防塵(じん)、耐衝撃性能もサポートします。