434WhのAnker製化け物ポータブルバッテリでノートPCを充電してみた

アンカー・ジャパン株式会社が5月23日に発表したポータブルバッテリの「PowerHouse」は、434Whもの電力を持ち運び可能にするという大電力っぷりから話題となりました。5万円と高価ですが、スマートフォンなら40回、ノートPCは15回の満充電を可能とするその蓄電量は、アウトドアでの利用だけでなく、近年日本列島で多発する災害対策などを含めて魅力的な製品と言えるでしょう。今回、ノートPCをコンセントに繋いで充電した場合との比較を行なってみました。筐体は金属製のため剛性が高く、当然重量もあるのですが、約4kgという重さは長時間でなければ持ち運びに苦労するというほどではありません。さて、コンセントとPowerHouseでノートPCを充電した場合の違いですが、検証にはLenovo ThinkPad X240を使用しまし。バッテリ残量が44%の状態でPowerHouseに接続、15分間の充電を行ない、残量がいくつまで増えたか、そしてその間のノートPCのアイドル状態の消費電力を電力計で計測しました。X240のACアダプタは65Wタイプ。PowerHouse接続時の15分後は、X240のバッテリ残量が44%→77%(+33%)に増え、電力計による消費電力は最小33.1W、平均44.5W、最大52Wでした。これに対し、コンセント接続時はバッテリ残量42%→76%(+34%)、消費電力は最小32.8W、平均44.4W、最大50.4Wになりました。充電量と消費電力はほぼ同じで、誤差の範囲と言えるでしょう。これだけの容量のバッテリを日頃使用する機会はそうそうないでしょうが、万が一の時にあれば間違いなく心強いと言えるでしょう。

消費電力といえば、間も無く日本にも登場するポケモンゴーによるバッテリー問題。やっぱり充電が問題だな…
Pokemon Goに最適な スマホ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>