イヤホンコードはなぜ絡む 効果的な対策は?

通勤途上や休憩時間にイヤホンで音楽を楽しむ人は多いと思いますが、使う際に面倒なのがコードの扱いです。カバンやポケットに無造作に突っ込んだままだとコードが絡んでしまい、イライラする場面が少なくないのです。無理にほどこうとすれば、断線など故障の原因にもなりかねません。なぜカバンの中のイヤホンコードは絡みやすいのか?絡みをうまく防ぐ効果的な対処法はあるのか? イヤホンコードにまつわる数学的理論や商品の最新事情について調べてみました。イヤホンコードはなぜ絡む 効果的な対策は?「結び目の理論」を説明する埼玉大学大学院教授の下川航也さん
長いひもほど絡みやすい、「結び目の理論」で証明。「実はイヤホンのコードが絡むことは極めて自然であることが数学的に証明されているんですよ」――。埼玉大学大学院理工学研究科教授の下川航也さんが解説してくれました。「ひもの結び方がどれくらいあるか」などの問題は数学の分野だと「結び目理論」と呼ばれていて、100年以上の歴史があるというのです。日本は世界でも知られた研究者を輩出しているそうです。ここで注目したいのは「容器の中に十分に長いひもが入っていると結び目ができている確率は高く、さらにひもの長さが長くなるほどその確率は100%に近づく」ということです。サムナーズとウィッティントンの定理などといわれ、すでに数学的に証明されているのです。原因は自由度、逆にひもが短いと結び目は作れません。逆にひもが短い場合は、結び目ができにくくなるらしいのです。「たとえば太さが1センチのひもだと、15.66センチ以上の長さがないと結び目を作ることはできない」という定理もありmさう(デンヌとサリバンとディアオの定理)。つまり、太さが数ミリで長さが1メートル程度もあるイヤホンは、数学的にも結び目がとてもできやすいというわけです。
http://www.galaxymobile.jp/discover/hint/smartphone-music

スマホの機能でカメラがアップしてきている

スマホを使用するのが当たり前になってきました。
特に若い子はスマホの機能を上手に使っているため、やっぱり欠かせないものとなっていますよね。
スマホも若い子に大事なのはスマホカメラだと思います。
最近では、スマホカメラを使用してSNSなどにアップして楽しむのも当たり前になってきました。
そんな事もあり、やっぱりスマホ機能も大事になってきています。
続々新しく登場をしているスマホもやっぱりカメラ機能を上げてきていますよね。
「Xperia XZ Premium」と「Xperia XZs」なのですが、こちらスマホカメラ昨日がアップしてきているようですよ。
スマホのカメラを撮影する際に「スーパースローモーション」が利用できるようになっています。
こういった機能を使用する事でより綺麗な写真を撮影する事ができるようになります。
やっぱり頑張って良い写真をSNSでアップするために何枚も撮影して頑張っているような方もいます。
しかし、こういった機能を活用する事でこれから良い写真だって簡単に撮影をすることができるようになるかもしれません。
スマホカメラ機能もスマホによってそれぞれですが、スマホカメラを重視する場合やっぱり「Xperia」には注目をしておきたいものです。

ウェアラブル端末の「Pebble Time Round」は世界最軽量

ウェアラブル端末を身につける時に気になることは何でしょうか?
それは人によって違うと思いますが、多くの人は軽くて疲れにくいということを気にするのではないでしょうか。
軽ければ快適に使用し続けられますが、どのウェアラブル端末が軽くて良いのか分からない人もいるでしょう。
そこで紹介したいのが「Pebble Time Round」というスマートウォッチです。
このスマートウォッチは重さがたったの28gですので装着していることを忘れてしまうくらいの軽さです。
さらに、薄さがたったの7.5ミリしかありませんので快適な装着感を味わうことができると思います。
それに、本体部分はエレガントな丸形フェイスを採用していますので、見た目は高級感溢れる腕時計に見えます。
どのようなシーンにも合わせられるデザインですので誰でも気持ち良く装着することができるでしょう。
バッテリーは15分の充電で約1日も使用できる大容量バッテリーを採用していますので安心ですね。
着信やメッセージ、カレンダーイベントなどを分かりやすく知らせてくれますので便利だと思います。
このようなウェアラブル端末は世界最軽量だけではなく、自分好みにカスタマイズできますので楽しみながら役立つ良いアイテムと言えるでしょう。http://www.galaxymobile.jp/wearables/

スマホのゲーム「ステラセプトオンライン」とは?

スマホのゲームで遊んでいる人でも、まだ遊んだことがないゲームがあると思います。
それだけ数多くのゲームが出回っているからですが、そのスマホのゲームの一つに「ステラセプトオンライン」というファンタジーオンラインRPGがあるのをご存知でしょうか?
このスマホのゲームは基本無料プレイになっていますので、どなたでも気軽に始められると思います。
また、リアルタイムで全国のユーザーと協力しながら冒険できますので色々ユーザーと出会えて面白いですね。
ユーザーは戦士となって迫りくる敵と戦い、神秘の力「ステラ」を身にまといながら成長していき強い戦士になっていきます。
連続攻撃の「コンボ」システムを駆使した新感覚バトルになっていて、タイミングを上手く合わせてタッチパネルをタップするとスキルが発動して敵を圧倒することができます。
それに、敵を倒すことで「バーストポイント」が蓄積されます。
そのバーストポイントを開放すると強力なバーストシステムが発動し、流れるような連動スキルで戦闘を彩ってくれます。
このようなスマホのゲームはハイクオリティな3Dグラフィックで爽快感のあるバトルを楽しむことができますので、1度試してみてはいかがでしょうか。

スマホのゲーム「ぷよぷよクエスト」とは?

スマホでゲームをする人は多くいると思いますが、どのようなゲームで楽しんでいるでしょうか?
最近、ハマるゲームが見つからないという人もいると思います。
そうした人は「ぷよぷよクエスト」をご存知でしょうか?
このスマホのゲームはあの有名な「ぷよぷよ」をベースにしたソーシャルゲームで、今でも多くの人が楽しんでいるパズルRPGでもあります。
1600万ダウンロードを達成している人気ゲームですが、簡単な操作でぷよぷよの魅力である大連鎖が楽しめますので、子供から大人まで年齢を問わず使用されています。
また、クエスト冒険すると色々なキャラクターと対戦することができ、その相手に勝つと次のバトルに進むことができます。
相手を倒した時にキャラクターカードが手に入ることもあります。
手に入れたカードを組み合わせてオリジナルチームが組めるので色々な楽しみがありますね。
それと、カード同士を合成させることでカードをパワーアップさせたり進化させることもできます。
友達とギルドを作って一緒に楽しむこともできますので、協力プレイの楽しさも感じることができますね。
このようなスマホのゲームは無料ですし操作が簡単ですので、誰でも気軽に遊べるゲームと言えますね。http://www.galaxymobile.jp

高耐久のボディーと、アウトドアで役立つ機能が特徴の「TORQUE X01」

京セラ 通信機器事業本部 通信国内事業部 国内技術部 プロジェクトリーダーの大内康史氏は、TORQUE X01を「TORQUEのDNAを受け継いだ最強のタフネスケータイ」と紹介します。「従来型ケータイで高耐久の端末が欲しいという声が多かった」ことは京セラ側も認識しており、そんな「熱い要望に応えるべく、満を持して開発した」(同氏)。スマートフォンでも展開している「TORQUE」は、G’zOneなどに比べると新しいタフネスブランドですが、実は京セラは2003年から、北米でもタフネスケータイを投入しているのです。こうした北米で培ってきたノウハウも、TORQUE X01は受け継いでいます。TORQUE X01はG’zOne TYPE-Xと似ている部分が多いのですが、(G’zOne TYPE-Xと開発した)カシオ計算機とノウハウを共有するといったことはなく、あくまで京セラが築き上げてきた技術を取り入れているのです。大内氏がTORQUE X01を最強のタフネスケータイと呼ぶのは、米国国防総省が定める耐久試験(MIL-STD-810G)の18項目に加え、京セラ独自の耐衝撃テストをクリアしたからです。その独自テストは、高さ1.8mから鉄板とコンクリートに落下させるというもので、高さ1.22mからラワン材に落下させるテストが基準だったG’zOne TYPE-Xよりも高い耐衝撃性能を誇っています。また、耐振動、温度耐久、低圧対応、防湿、耐日射、耐氷結のサポートも、G’zOne TYPE-Xにはないポイントなのです。

グーグルが保護者向けアプリ『Family Link』の提供開始

グーグルが、子どものAndroid搭載スマートフォン使用を管理する保護者向けアプリ『Family Link』の提供をスタートさせました。まずは米国の子ども(13歳以下)を持つユーザー向けに招待制での開始となります。このアプリを使えば、子どもがダウンロードするアプリを制限したり…アプリの利用状況をチェックしたり…遠隔でロックしたりできるそう。利用するには、まずアプリ内で子ども用のグーグルアカウントを作成します。そのアカウントでログインしたAndroid(Android 7.0 Nougat以上)搭載スマートフォンを子どもに使わせるというわけ。このFamily Linkで出来ることは、「子どもがグーグルプレイストアからダウンロードしようとするアプリの許可・不許可が出せる」「子どもがどのアプリをどのくらいの時間使っているかをチェックできる」「1日の使用可能時間を決められる」「寝る時間や食事中などにスマートフォンを遠隔ロックできる」など。ちなみに遠隔ロック機能は、予め時間を設定できるだけでなく、数タップですぐにロックすることもできるそう。iPhoneを使っているという保護者の方でも大丈夫。管理できるのはAndroidスマホのみですが、保護者用アプリはiOS版も公開される予定なんですよ。子どもにスマートフォンを持たせるかどうか迷っているという方には朗報ですね!

成熟Bluetoothチップ市場に吹く新風

Bluetoothがここまで広範な普及に至ったのはやはり携帯電話機、スマートフォンのサブ通信として採用されたことに起点があるでしょう。オーディオ用ヘッドフォンやPC用マウスなどにもBluetoothが使われてはいましたが、やはり2007年に発売された初代iPhoneにBluetoothが搭載されたことは大きな出来事でした。“Bluetoothの搭載”がスマートフォンの定義の1つになったのです。スマートフォンはその後、iOS、Androidに関わらず、Bluetoothをメインのローカル通信として実装しています。全てのスマートフォンが共通して持つデバイスの1つであり、多くはBluetoothだけでなくWi-Fiも備え、コンボチップと呼ばれる1つのチップでBluetoothとWi-Fiの両機能を備えるデバイスを用いています。スマートフォンの標準装備こそがBluetoothの大開花の起点となったのです。一方でBluetoothの普及はスマートフォンにつながる側でも続々と広がっていきます。Bluetoothはリモコンとして、音楽転送手段として、車内通信として、使われました。Bluetoothスピーカー、Bluetooth搭載ウェアラブル端末などの製品が次々と生みだされ、スマートフォンのAdditional(アディショナル)機器として、スマートフォンと対で使われる市場を生み出していったのです。
スマホで良い音楽を聞きたい?

DSDS+au VoLTEが強みに、高価格帯でも勝負――ASUSに聞く「ZenFone 3」シリーズ

2014年に「ZenFone 5」をいち早く日本に投入し、SIMロックフリースマートフォンの火付け役となったASUSが、2016年に満を持して送り出したのが「ZenFone 3」シリーズです。同シリーズは、台湾・台北で開催されたCOMPUTEX TAIPEIに合わせ、発表されたZenFoneシリーズの最新モデルで、これまでのモデルからデザインを一新し、本体に金属やガラスをふんだんに取り入れ、高級感を高めているのが大きな特徴です。見た目だけでなく、カメラやオーディオといった機能も一新し、日本では、「ZenFone 3」や「ZenFone 3 Deluxe」(ZS550KLのみ)が、au VoLTEとDSDS(デュアルSIM、デュアルスタンバイ)に同時に対応したことも話題を集めました。また、ZenFone 3やZenFone 3 Deluxeに加え、ミッドレンジモデルの「ZenFone 3 Laser」「ZenFone 3 Max」や、大画面モデルの「ZenFone 3 Ultra」を立て続けに発売しました。上半期の後れを取り戻すようなリリースラッシュになっているところです。動画については、4Kでの撮影もできるようになっています。サウンドも、ハイレゾに対応しています。

1TB HDD内蔵でLTEにも対応 auスマホでデータを一元管理できる「Qua station」

KDDIは、1TBのHDDを内蔵したネットワークストレージ「Qua station」を2月下旬に発売します。対応OSはスマートフォンがiOS 9.3以降、Android 5.0以降、PCがWindows 7、8、8.1、10、MaがOS X v10.10、v10.11、v10.12となっています。カラーはホワイト1色です。Qua stationは、写真、動画、音楽、ドキュメント関連のデータを保存でき、保存したデータは最大5台のスマートフォンやタブレットから閲覧できるようになっています。PCに保存した音楽や動画データも、Qua stationにコピーしておけばスマホから視聴可能になるほか、スマホのデータもコピーしておけば、機種変更後も旧スマホで撮った写真や動画のデータを一元管理できます。スマートフォンは「au Gallery」アプリから、PCは専用アプリからデータを閲覧します。自宅でスマートフォンからQua stationにアクセスする方法は、自宅に固定回線がある場合はWi-Fiルーター経由で、固定回線がない場合はWi-Fi経由となります。Qua stationはLTE通信機能を内蔵しており、auのLTE経由で外出先でもスマホからQua stationのデータを閲覧できます。スマートフォンやタブレットからQua stationへのデータ転送は、USBかWi-Fi経由で行え、USB接続すれば充電も可能です。データは新しいものだけを取り込むので、Qua station内でデータが重複することはありません。