スマートフォンの「Xperia A SO-04E」

“<速報> UnpacekでGalaxy Note10発表 https://www.galaxymobile.jp/smartphones/docomo/
縦でも横でも扱いやすいシンメトリーデザインを採用し、高級感のあるサイドパーツや落ち着いた輝きを放つLEDイルミネーションなども搭載しているスマートフォンが「Xperia A SO-04E」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはピンク、ミント、ホワイト、ブラックの4色が用意されており、ボディサイズは幅約67ミリ、高さ約131ミリ、厚さ約10.5ミリ、重さ約141gといった薄型軽量コンパクトサイズです。
CPUはAPQ8064クアッドコアプロセッサでメモリはRAMが2GB、内蔵ストレージは32GBで最大64GBまで増やすことができます。
ディスプレイは約4.6インチフルHD液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは急速充電に対応している2300mAh大容量バッテリーが搭載されています。
こうしたスマートフォンには、タッチ機能や手ぶれ補正がついた約1310万画素のメインカメラと約31万画素のインカメラが搭載されています。”スマホ バッテリー

スマートフォンの「URBANO L03」

“上質に仕上げたリアルメタルをサイドに使用しているので高級感が演出されており、更には滑らかな曲面フォルムや操作性の良いハードキーなども採用しているスマートフォンが「URBANO L03」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはパープルブラック、アイビーグリーン、ピンクゴールドの3色が用意されており、ボディサイズは幅約70ミリ、高さ約140ミリ、厚さ約9.9ミリ、重さ約154gです。
CPUはMSM8974ABクアッドコアプロセッサでメモリはRAMが2GB、内蔵ストレージは16GBで128GBまで増やすことができます。
ディスプレイは約5インチTFT液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーはワイヤレス充電に対応した3000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
こうしたスマートフォンには、約1300万画素のメインカメラと約97万画素のインカメラが搭載されており、スリープ状態からカメラキーを押すだけでカメラを起動できます。”

スマートフォンの「LINEAGE」

“どの方向からでも見やすいジャパンディスプレイ製の美しい液晶ディスプレイを搭載し、高性能カメラや大容量バッテリーなども搭載しているスマートフォンが「LINEAGE」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはホワイトとブラックの2色が用意されており、ボディサイズは幅約70ミリ、高さ約142ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約132gといった薄型軽量コンパクトサイズです。
ディスプレイは約5インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは2650mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはCortex-A7クアッドコアプロセッサでメモリはRAMが1GB、内蔵ストレージは4GBで16GBまで増やすことができます。
カメラは約800万画素のメインカメラと約200万画素のインカメラが搭載されています。
このようなスマートフォンは、利用シーンによって使い分けれるデュアルSIMスロットを搭載しています。”

スマートフォンの「FREETEL MIYABI」

“洗練されたスクエアデザインと機能美を追及したボディを採用しており、迫力ある大型液晶ディスプレイや多彩な機能がついた高性能カメラなども搭載しているスマートフォンが「FREETEL MIYABI」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはブラック、ホワイト、シャンパンゴールドの3色が用意されており、ボディサイズは幅約72ミリ、高さ約142ミリ、厚さ約8.2ミリ、重さ約150gです。
CPUはMT6735クアッドコアプロセッサでメモリはRAMが2GB、内蔵ストレージは32GBで128GBまで増やすことができます。
ディスプレイは約5インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは取り外し可能な2200mAh大容量バッテリーが搭載されています。
このようなスマートフォンには、手ぶれ補正やオートフォーカスがついた約1300万画素のメインカメラとパノラマモードやフラッシュライトがついた約500万画素のサブカメラが搭載されています。”防水スマホ

スマートフォンの「arrows Fit F-01H」

“明るい場所でも鮮明な画質が楽しめる有機ELディスプレイを搭載し、どんな場所でも安心して使用できるウルトラタフガードを採用しているスマートフォンが「arrows Fit F-01H」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはレッド、ホワイト、ブラック、グリーンの4色が用意されており、ボディサイズは幅約69ミリ、高さ約141ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約149gという薄型軽量コンパクトサイズです。
CPUはMSM8916クアッドコアプロセッサでメモリはRAMが2GB、内蔵ストレージは16GBで128GBまで増やすことができます。
ディスプレイは約5インチ有機ELディスプレイを搭載し、バッテリーは2330mAh大容量バッテリーが搭載されています。
カメラは約810万画素のメインカメラと約240万画素のインカメラが搭載されています。
こうしたスマートフォンには指でなぞるだけのスマート指紋認証センサーがついています。”

Nexus 6P H1511の重さをチェック!

Nexus 6P H1511の重さや大きさが気になる方も多いと思います。実際に画面の大きさや持ってみて感じる重さ、使いやすさは毎日の生活の中で使うとなると非常に重要になってくるポイントの一つです。特にこれからNexus 6P H1511の購入を考えている方は、是非重さや大きさもチェックしておきましょう。気になる画面の大きさは、5.7インチ、重さは178gなので一般的なスマホと比べると多少大きめサイズです。片手での操作となると、少し難しいかもしれませんが、画面が大きいため動画や写真撮影をされる方には見やすくて便利です。またディスプレイは、有機ELディスプレイを使用しており、解像度も2560×1440あるので一般的なスマホを比較すればかなり綺麗です。持ちやすさよりも、画面の美しさや綺麗に写るかどうかといった点にこだわりたい方におすすめです。せっかく購入するなら大画面で映像を楽しみたいという方も多いと思います、そんな方におすすめです。

遊び、ビジネスに対応してくれる「GALAXY Note8」

“テレビコマーシャルでもお馴染みのGALAXY Note8ですが、実は、デジタルペン機能でも優秀な機能を持つスマートフォンなのです。
今では、「スマートフォンを遊び、ビジネスに活用」というトレンドも存在し、そのため、デジタルペン機能に近い機能を持つスマートフォンが、ここ最近で一気に増えました。しかしGALAXY Note8は、「高性能プロセッサ搭載モデル」となっており、動画視聴、写真撮影、SNSの利用にも長けるスマートフォンなのです。
カメラ機能については、GALAXY Note8独自の「光学手振れ補正機能を搭載」しているモデルで、「広角や望遠に対応しているズームレンズ搭載」についても、多くの利用者から支持されています。
また、GALAXY Note8のデジタルペン機能は、「本体にペンを収納できる」ため、ペンを紛失する、取り出すのに時間がかかるといった、従来のデジタルペンの問題も克服しているのです。”

スマートフォンの「g07」

“シンプルなアルミボディで美しい外観を実現し、強化ガラスを採用して高強度も実現させているスマートフォンが「g07」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはブラックとホワイトの2色が用意されており、ボディサイズは幅約75ミリ、高さ約152ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約150gです。
ディスプレイは約5.5インチIPS液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは急速充電に対応した3000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMT6750TオタクコアプロセッサでメモリはRAMが3GB、内蔵ストレージは32GBで、カメラはオートフォーカスやHDR機能がついた約1300万画素のメインカメラとLEDフラッシュライトがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
このようなスマートフォンにはワンプッシュで動作を開始できるマルチファンクションキーや便利なストラップホールなどが付いています。”防水スマホ

スマートフォンの「AQUOS SERIE mini SHV38」

“大容量バッテリーや色鮮やかな省エネディスプレイを搭載しているの安心して使用することができ、滑らかな曲線と側面のカットラインによって持ちやすさやデザイン性も実現されているスマートフォンが「AQUOS SERIE mini SHV38」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはネイビー、ホワイト、シャンパンピンクの3色が用意されており、ボディサイズは幅約67ミリ、高さ約135ミリ、厚さ約8.6ミリ、重さ約134gといった薄型軽量コンパクトボディになっています。
CPUはMSM8952オタクコアプロセッサでメモリはRAMが3GB、内蔵ストレージは16GBです。
ディスプレイは約4.7インチフルHD IGZO液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは2400mAh大容量バッテリーが搭載されています。
こうしたスマートフォンには、光学式手ぶれ補正や高画質ブームがついた約2100万画素のメインカメラと広角レンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。”

新しい「airpods」について

近年ワイヤレスイヤホン、つまりBluetoothイヤホンが盛りがりました。そこで今回は新発売の完全ワイヤレスイヤホンについて書いていこうと思います。アップルは今までにも「airpods」と言う名前の、完全ワイヤレスイヤホンを出してきました。完全ワイヤレスイヤホンとは完全に線がなく、左右のイヤホンだけしかない、コンパクトを極めたBluetoothのイヤホンのことを指します。そんな完全ワイヤレスイヤホンに新しいのが登場しました。この新型では、従来のイヤホンよりも通話時間が50%も伸びる「H1チップ」を搭載しています。さらに、ハンズフリーでSiriと呼べば、道案内や音楽をかけたり、通話も出来るようになります。私は完全ワイヤレスイヤホンと言うものを使った事はないです。しかし、この新型のイヤホンは一度は使ってみたいと思わせるほど、便利で手軽に使える素晴らしい商品だと思いました。だから皆さんも是非使ってみてください。快適!スマホをポンと置くだけで充電できちゃうワイヤレス充電器とは?