スマホのゲーム「ぷよぷよクエスト」とは?

スマホでゲームをする人は多くいると思いますが、どのようなゲームで楽しんでいるでしょうか?
最近、ハマるゲームが見つからないという人もいると思います。
そうした人は「ぷよぷよクエスト」をご存知でしょうか?
このスマホのゲームはあの有名な「ぷよぷよ」をベースにしたソーシャルゲームで、今でも多くの人が楽しんでいるパズルRPGでもあります。
1600万ダウンロードを達成している人気ゲームですが、簡単な操作でぷよぷよの魅力である大連鎖が楽しめますので、子供から大人まで年齢を問わず使用されています。
また、クエスト冒険すると色々なキャラクターと対戦することができ、その相手に勝つと次のバトルに進むことができます。
相手を倒した時にキャラクターカードが手に入ることもあります。
手に入れたカードを組み合わせてオリジナルチームが組めるので色々な楽しみがありますね。
それと、カード同士を合成させることでカードをパワーアップさせたり進化させることもできます。
友達とギルドを作って一緒に楽しむこともできますので、協力プレイの楽しさも感じることができますね。
このようなスマホのゲームは無料ですし操作が簡単ですので、誰でも気軽に遊べるゲームと言えますね。http://www.galaxymobile.jp

高耐久のボディーと、アウトドアで役立つ機能が特徴の「TORQUE X01」

京セラ 通信機器事業本部 通信国内事業部 国内技術部 プロジェクトリーダーの大内康史氏は、TORQUE X01を「TORQUEのDNAを受け継いだ最強のタフネスケータイ」と紹介します。「従来型ケータイで高耐久の端末が欲しいという声が多かった」ことは京セラ側も認識しており、そんな「熱い要望に応えるべく、満を持して開発した」(同氏)。スマートフォンでも展開している「TORQUE」は、G’zOneなどに比べると新しいタフネスブランドですが、実は京セラは2003年から、北米でもタフネスケータイを投入しているのです。こうした北米で培ってきたノウハウも、TORQUE X01は受け継いでいます。TORQUE X01はG’zOne TYPE-Xと似ている部分が多いのですが、(G’zOne TYPE-Xと開発した)カシオ計算機とノウハウを共有するといったことはなく、あくまで京セラが築き上げてきた技術を取り入れているのです。大内氏がTORQUE X01を最強のタフネスケータイと呼ぶのは、米国国防総省が定める耐久試験(MIL-STD-810G)の18項目に加え、京セラ独自の耐衝撃テストをクリアしたからです。その独自テストは、高さ1.8mから鉄板とコンクリートに落下させるというもので、高さ1.22mからラワン材に落下させるテストが基準だったG’zOne TYPE-Xよりも高い耐衝撃性能を誇っています。また、耐振動、温度耐久、低圧対応、防湿、耐日射、耐氷結のサポートも、G’zOne TYPE-Xにはないポイントなのです。

グーグルが保護者向けアプリ『Family Link』の提供開始

グーグルが、子どものAndroid搭載スマートフォン使用を管理する保護者向けアプリ『Family Link』の提供をスタートさせました。まずは米国の子ども(13歳以下)を持つユーザー向けに招待制での開始となります。このアプリを使えば、子どもがダウンロードするアプリを制限したり…アプリの利用状況をチェックしたり…遠隔でロックしたりできるそう。利用するには、まずアプリ内で子ども用のグーグルアカウントを作成します。そのアカウントでログインしたAndroid(Android 7.0 Nougat以上)搭載スマートフォンを子どもに使わせるというわけ。このFamily Linkで出来ることは、「子どもがグーグルプレイストアからダウンロードしようとするアプリの許可・不許可が出せる」「子どもがどのアプリをどのくらいの時間使っているかをチェックできる」「1日の使用可能時間を決められる」「寝る時間や食事中などにスマートフォンを遠隔ロックできる」など。ちなみに遠隔ロック機能は、予め時間を設定できるだけでなく、数タップですぐにロックすることもできるそう。iPhoneを使っているという保護者の方でも大丈夫。管理できるのはAndroidスマホのみですが、保護者用アプリはiOS版も公開される予定なんですよ。子どもにスマートフォンを持たせるかどうか迷っているという方には朗報ですね!

成熟Bluetoothチップ市場に吹く新風

Bluetoothがここまで広範な普及に至ったのはやはり携帯電話機、スマートフォンのサブ通信として採用されたことに起点があるでしょう。オーディオ用ヘッドフォンやPC用マウスなどにもBluetoothが使われてはいましたが、やはり2007年に発売された初代iPhoneにBluetoothが搭載されたことは大きな出来事でした。“Bluetoothの搭載”がスマートフォンの定義の1つになったのです。スマートフォンはその後、iOS、Androidに関わらず、Bluetoothをメインのローカル通信として実装しています。全てのスマートフォンが共通して持つデバイスの1つであり、多くはBluetoothだけでなくWi-Fiも備え、コンボチップと呼ばれる1つのチップでBluetoothとWi-Fiの両機能を備えるデバイスを用いています。スマートフォンの標準装備こそがBluetoothの大開花の起点となったのです。一方でBluetoothの普及はスマートフォンにつながる側でも続々と広がっていきます。Bluetoothはリモコンとして、音楽転送手段として、車内通信として、使われました。Bluetoothスピーカー、Bluetooth搭載ウェアラブル端末などの製品が次々と生みだされ、スマートフォンのAdditional(アディショナル)機器として、スマートフォンと対で使われる市場を生み出していったのです。
スマホで良い音楽を聞きたい?

DSDS+au VoLTEが強みに、高価格帯でも勝負――ASUSに聞く「ZenFone 3」シリーズ

2014年に「ZenFone 5」をいち早く日本に投入し、SIMロックフリースマートフォンの火付け役となったASUSが、2016年に満を持して送り出したのが「ZenFone 3」シリーズです。同シリーズは、台湾・台北で開催されたCOMPUTEX TAIPEIに合わせ、発表されたZenFoneシリーズの最新モデルで、これまでのモデルからデザインを一新し、本体に金属やガラスをふんだんに取り入れ、高級感を高めているのが大きな特徴です。見た目だけでなく、カメラやオーディオといった機能も一新し、日本では、「ZenFone 3」や「ZenFone 3 Deluxe」(ZS550KLのみ)が、au VoLTEとDSDS(デュアルSIM、デュアルスタンバイ)に同時に対応したことも話題を集めました。また、ZenFone 3やZenFone 3 Deluxeに加え、ミッドレンジモデルの「ZenFone 3 Laser」「ZenFone 3 Max」や、大画面モデルの「ZenFone 3 Ultra」を立て続けに発売しました。上半期の後れを取り戻すようなリリースラッシュになっているところです。動画については、4Kでの撮影もできるようになっています。サウンドも、ハイレゾに対応しています。

1TB HDD内蔵でLTEにも対応 auスマホでデータを一元管理できる「Qua station」

KDDIは、1TBのHDDを内蔵したネットワークストレージ「Qua station」を2月下旬に発売します。対応OSはスマートフォンがiOS 9.3以降、Android 5.0以降、PCがWindows 7、8、8.1、10、MaがOS X v10.10、v10.11、v10.12となっています。カラーはホワイト1色です。Qua stationは、写真、動画、音楽、ドキュメント関連のデータを保存でき、保存したデータは最大5台のスマートフォンやタブレットから閲覧できるようになっています。PCに保存した音楽や動画データも、Qua stationにコピーしておけばスマホから視聴可能になるほか、スマホのデータもコピーしておけば、機種変更後も旧スマホで撮った写真や動画のデータを一元管理できます。スマートフォンは「au Gallery」アプリから、PCは専用アプリからデータを閲覧します。自宅でスマートフォンからQua stationにアクセスする方法は、自宅に固定回線がある場合はWi-Fiルーター経由で、固定回線がない場合はWi-Fi経由となります。Qua stationはLTE通信機能を内蔵しており、auのLTE経由で外出先でもスマホからQua stationのデータを閲覧できます。スマートフォンやタブレットからQua stationへのデータ転送は、USBかWi-Fi経由で行え、USB接続すれば充電も可能です。データは新しいものだけを取り込むので、Qua station内でデータが重複することはありません。

スマホ初期化をしているスマホと間違って

家電量販店ノジマで中古スマホ販売トラブルがありました。
中古iPhoneの箱と付属品のみを販売している中で、スマホ端末初期化済みと誤った記載をしていたことでトラブルとなっていました。
このトラブルが起きた事で購入をした方もいるようです。
このようなトラブルは確認をすればいいのですが、そのまま購入をする方も絶対いると思います。
なので、通販サイトでは記載には注意をしなくてはいけませんね。
家電量販店ノジマは、返品や返金対応をして謝罪を行ったようです。
こういうトラブルもやっぱり0という訳はないとは思います。
なので購入をする際なども注意をする必要があるなと実感をしてしまいましたね。
これからこういったちょっと勘違いをしてしまうような文面には注意をしなくてはいけません。
今では通販サイトも利用する方が非常に多くなっています。
販売側も注意をしなくてはいけないのですが、購入をする際にも注意をしていきたいなと思っています。
スマホでは、今では初期化をして販売する中古スマホもたくさん出てきています。
そういった際に本体は入っているのか、金額が安い場合などは注意をして見ておかなくてはいけないのかなと思いますね。スマホ 電池 長持ちさせる方法はこちら

ドコモのおすすめスマホ「Xperia XZ SO-01J」はデザインやカメラ重視

ドコモのおすすめスマホ「Xperia XZ SO-01J」はXperiaシリーズの最上位モデルですので多くの人が使用しています。
このドコモのおすすめスマホはデザインやカメラを重視した設計になっています。
デザインは透明感があって美しい輝きを生むメタル素材を採用していますし、本体にはループデザインを採用していますので一体感があって美しい仕上がりです。
さらにバックパネルやディスプレイ、フレームなどは同じカラーで仕上げてありますのでより一体感を感じることができます。
また、カラーバリエーションはプラチナ、ミネラルブラック、フォレストブルー、ディープピンクの4色が用意されています。
カメラは約2300万画素のメインカメラと約1320万画素のインカメラがあり、広角24mmのソニー製高性能レンズを搭載していますし4K動画を撮影することもできます。
さすがソニー製というだけあって本格的なデジカメに負けないくらいのカメラだと思います。
バッテリーは2900mAhの大容量バッテリーを搭載しており、長寿命化を実現していますし節電できる機能も搭載されています。
このようなドコモのおすすめスマホは約5.2インチの大画面ディスプレイを採用していますので動画やゲームなどが見やすくて良いと思います。

パソコンがSDカードを読み込まない場合の対処法

デジタルカメラやプリンターなどのデバイスにスマホSDカードを挿しこんだまま、専用のUSBケーブルでパソコンに接続しようとした際に、うまく認識されない場合、以下の方法で原因を究明していこう。まず、USBケーブルがパソコンに、SDカードがデジカメやプリンターにきちんと挿さっていなかったり、接触不良になっていたりしている場合だ。その場合認識しない。まずは、USBケーブルやSDカードがきちんと挿さっているのかを確認しよう。奥まで挿さっていて認識しない場合は、接触不良が考えられる。接触部分をクリーニングしてみよう。次に、単純なケアレスミスだが、よくあるパターンで、デジタルカメラやプリンターの電源がきちんと入っていない場合があるので、今一度確認してみよう。パソコンがデバイスを認識するためには、そのデバイスのドライバーがインストールされている必要がある。最近はUSBを挿しこむと自動的にインストールがはじまるタイプがほとんどだが、たとえそういったタイプであったとしても、インストールに失敗していることがあるのだ。だから、デバイスマネージャーからデバイスドライバーがインストールされているかを確認してみよう。インストール済みにもかかわらず不具合が発生するのであれば、デバイスドライバーを削除して再インストールを行ってみるといいだろう。

スマホ新機種は格安がおすすめです

スマホの新機種を購入しようと思った時に考えるのが格安スマホなんて方も増えてきているのではないでしょうか。
大手でスマホを購入しようと思ったら、やっぱり高いですよね。
分割で購入もできますが、分割にしてしてしまえばそれだけ月額が増えてしまいます。
それを避けようと思ったらやっぱり格安スマホなのです。
最近の格安スマホは、通話定額と組み合わせたセットプランが人気となっているのです。
自分がどのように使用をするかでプランも選べるようになっているのです。
プランSだと、1年間はなんと1880円で使用ができるみたいですよ。
やっぱり毎月にスマホ料金というのは家計に負担になっているような事が多いです。
家族が多ければ多いほどそうなってしまいます。
今では、子供だって少し大きくなればスマホが必要な状態になってしまっています。
少しでも負担を減らしていこうと思った場合、やっぱり格安スマホに限るかもしれませんね。
スマホ料金の節約のためにも、格安スマホを選んでみるのもいいかもしれません。
利用期限が長くなってしまうような契約もありますから、そういった所もきちんと見てみるといいかもしれません。
利用するのに、やっぱり知っておきたい所です。おすすめのドコモスマホ、あなたに合うのはこれだ!| Galaxy