5G対応スマホの「Redmi K30 Ultra」とは?

“スマートフォンが使えるようになって、日常生活で大きな変化が起きてきました。
スマートフォンを一人一台持つのが当たり前のような世の中になりましたが、まだまだ5Gスマホよりも4Gスマホを使っている人が多くいます。
これから先は4Gスマホよりも5Gスマホを使う人が徐々に増えていくと思います。
その5Gに対応しているスマートフォンの一つに「Redmi K30 Ultra」という5Gスマホがあり、いつでもどこでも快適に楽しませてくれるハイスペックなアンドロイドスマートフォンで、価格はRAM6GB/128GBモデルが約31000円でRAM8GB/128GBモデルが約34000円でRAM8GB/256GBモデルが約39000円でRAM8GB/512GBモデルが約46000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約9.1ミリ、重さ約213gといった握りやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはグリーン、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはGorilla Glass5を採用して解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.67インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは33Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 1000 Plus 2.6GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルと512GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで増設することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約1300万画素+マクロ撮影が可能な約500万画素+深度レンズがついた約200万画素のクアッドアウトカメラと、ポップアップ式を採用してF値2.2の明るいレンズがついた約2000万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(MIUI 12)で顔認証センサーやディスプレイ内指紋認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”参照

5Gスマホの「OPPO K7」

“ニュースや広告などでよく目にするようになった5Gですが、高速でデータ通信ができるという点で4Gよりも優れています。
それに加えて遅延が少ないですし、多くのデバイスを同時に接続することができます。
ですので、4Gスマホよりも5Gスマホを使う人が少しずつ増えているのです。
その5Gに対応しているスマートフォンは様々な機種が発売されていますが、その中の一つに「OPPO K7」という5Gスマホがあり、サクサク動く高性能CPUなどを搭載したハイスペックなアンドロイドスマートフォンで価格はRAM8GB/128GBモデルが約31000円でRAM8GB/256GBモデルが約35000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約160ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約180gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはブルー、オーロラ、ゴールド、ホワイト、ブラックの5色が用意されています。
ディスプレイは解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.4インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは30Wの急速充電に対応している4025mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイは水滴型ノッチ付きでGorilla Glassが採用されています。
CPUはスナップドラゴン765GオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約4800万画素+超広角レンズがついた約800万画素+ポートレート撮影ができる約200万画素+モノクロ撮影が可能な約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
また、手ぶれ補正、レーザーオートフォーカス、ハイブリッドズーム、ポートレート撮影、HDR、デュアルトーンLEDフラッシュ、スーパーナイトモード、パノラマモードなどの機能がついています。
このような5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 10(Color OS 7.1)でイヤホンジャックがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで指紋認証センサーや顔認証センサーがついています。”参照

5Gスマホの「Nokia 8.3 5G」

“まだ使える場所は限られていますが、4Gスマホの数倍の速度で通信できるのが5Gスマホです。
しかし、発売初期の5Gスマホは4Gと5Gの両方を使うことができますが、今だ基地局が都市部に限られているため対応エリアも考えて5Gスマホを選ばなければいけません。
とは言え、5Gスマホを使えるエリアは徐々に広がりをみせていますので、今から5Gに対応しているスマートフォンに買い替えておくのもいいと思います。
その5Gに対応しているスマートフォンは数多く発売されていますが、そうした5Gスマホの一つに「Nokia 8.3 5G」というスマートフォンがあり、高精細大型ディスプレイやクアッドカメラを搭載しながら価格はRAM6GB/64GBモデルが約71000円、RAM8GB/128GBモデルが約77000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約78ミリ、高さ約171ミリ、厚さ約9ミリ、重さ約220gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはポーラーナイトのみが用意されています。
ディスプレイは解像度1080 x 2400px(フルHD+)でアスペクト比20:9の約6.8インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン765GオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは64GBと128GBモデルがあります。
カメラはF値1.9の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約1200万画素+マクロ撮影が可能な約200万画素+深度レンズがついた約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約2400万画素のインカメラが搭載されています。
また、背面には円形のデザインが特徴のZEISS Opticsクアッドカメラが搭載されており、デュアルトーンLEDフラッシュ、光学式手ぶれ補正、レーザーオートフォーカス、電子式手ぶれ補正、パノラマモード、HDR、4K動画撮影、などの機能がついています。
この他にはOSはAndroid 10で指紋認証センサーやイヤホンジャックなどがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5Gスマホの「Galaxy A90 5G」

“5Gの実用化が進むことによって自動運転や遠隔手術なども実現されていきますし、高速大容量通信や超低遅延、同時多接続といった特徴がありますのでスマートフォンも今まで以上に快適に楽しむことができます。
この5Gに対応しているスマートフォンは日本国外でも様々な機種が発売されており、その5Gに対応しているスマートフォンの一つに「Galaxy A90 5G」という5Gスマホがあり、終日安心してスマホを使用できる大容量バッテリーや最高の環境でゲームなどを楽しめる高性能CPUなども搭載しています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約8.4ミリ、重さ約206gという扱いやすいサイズになっており、カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度1080 x 2400px(フルHD+)でアスペクト比20:9の約6.7インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは25Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはスナップドラゴン855オタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBでmicroSDを使用すると最大512GBまで拡張することができます。
カメラはF値2.0の明るいレンズがついた約4800万画素+広角レンズがついた約800万画素+望遠レンズがついた約500万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
また、ぼかしや広角な写真などの今まで撮れなかった写真が簡単に撮れるようになりますし、HDR、オートフォーカス、タッチフォーカス、顔検出、デジタルズーム、デュアルトーンLEDフラッシュ、セルフタイマー、パノラマモード、電子式手ぶれ補正、ナイトモード、露出補正などの機能がついています。
この他にはOSはAndroid9で指紋認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで3Dゲームなども快適に楽しむことができる冷却システムがついています。
このような5Gに対応しているスマートフォンはハイスペック5Gスマホと言えるくらいなのにお手頃価格の約81000円になっていますので、4Gスマホから5Gスマホに替えようと検討している人は試してみるのもいいと思います。”

Androidスマートフォン「HUAWEI Mate 20 Pro」のスペック

“滑らかなカーブボディとフレームで優雅なデザインを演出し、握りやすくて均整のとれた薄型軽量コンパクトサイズに美しさを高精細に表現できるトリプルアウトカメラなども搭載しているAndroidスマートフォンが「HUAWEI Mate 20 Pro」です。
このAndroidスマートフォンにはトワイライト、ミッドナイトブルー、ブラックの3色が用意されており、ボディサイズは幅約72ミリ、高さ約157ミリ、厚さ約8.6ミリ、重さ約189gです。
CPUはHUAWEI Kirin 980オタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GB、内蔵ストレージは128GBで最大256GBまで拡張可能です。
ディスプレイは約6.3インチTFT液晶ディスプレイを搭載していてバッテリーは4200mAhです。
こうしたAndroidスマートフォンには約4000+約2000+約800万画素のトリプルアウトカメラと約2400万画素のインカメラが搭載されています。”

Androidスマートフォン「AQUOS zero SH-M10」のスペック

“マグネシウム合金を使用したフレームやフレームの真ん中がへこんだ独自形状を採用し、高画質表現が可能な高精細大型液晶ディスプレイやノイズの少ない綺麗な写真が撮れる高性能カメラなども搭載しているAndroidスマートフォンが「AQUOS zero SH-M10」です。
このAndroidスマートフォンにはアドバンスブラックのみとなっており、ボディサイズは幅約73ミリ、高さ約154ミリ、厚さ約8.8ミリ、重さ約146gです。
CPUはSDM845オタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GB、内蔵ストレージは128GBです。
ディスプレイは約6.2インチ有機ELディスプレイを搭載していてバッテリーは急速充電に対応している3130mAh大容量バッテリーが搭載されています。
このようなAndroidスマートフォンには光学式手ぶれ補正がついた約2260万画素のアウトカメラと約800万画素のインカメラが搭載されています。”

Androidスマートフォンの「ARROWS Z ISW13F」とは?

“想像以上のハイパフォーマンスを発揮する高性能CPUや高感度センサーがついた高性能カメラを搭載しており、スーパーグライドコーティングを施した高感度タッチパネルや安心して使用できる大容量バッテリーなども搭載しているAndroidスマートフォンが「ARROWS Z ISW13F」です。
このAndroidスマートフォンにはグロッシーレッドとクールブラックの2色が用意されており、ボディサイズは幅約67ミリ、高さ約135ミリ、厚さ約10.6ミリ、重さ約143gです。
CPUはAP33クアッドコアプロセッサでメモリはRAMが1GB、内蔵ストレージは16GBで最大32GBまで拡張可能です。
ディスプレイは約4.6インチフルHD液晶ディスプレイを搭載していてバッテリーは1800mAhです。
こうしたAndroidスマートフォンには約1310万画素のアウトカメラと約130万画素のインカメラが搭載されています。”

Androidスマートフォンの「らくらくスマートフォン F-12D」とは?

“話しやすくて持ちやすい薄型軽量コンパクトボディに耐摩耗性に優れたウルトラタフガードを採用し、思い通りに使えるタッチパネルや聞きやすさにこだわった基本機能なども搭載しているAndroidスマートフォンが「らくらくスマートフォン F-12D」です。
このAndroidスマートフォンにはピンク、ネイビー、ゴールドの3色が用意されており、ボディサイズは幅約64ミリ、高さ約130ミリ、厚さ約10.9ミリ、重さ約138gです。
CPUはMSM8255シングルコアプロセッサでメモリはRAMは1GB、内蔵ストレージは4GBで最大8GBまで拡張可能です。
ディスプレイは約4インチフルHD液晶ディスプレイを搭載していてバッテリーは1800mAh大容量バッテリーが搭載されています。
このようなAndroidスマートフォンには手ぶれ補正がついた約810万画素のアウトカメラと約32万画素のインカメラが搭載されています。”

Androidスマートフォンの「isai FL LGL24」とは?

“小さい文字でも鮮明に映し出す高精細大型液晶ディスプレイやデジタルカメラのような機能がついた高性能カメラを搭載し、安心の防水機能や大容量バッテリーなども搭載しているAndroidスマートフォンが「isai FL LGL24」です。
このAndroidスマートフォンにはブルー、ホワイト、ブラックの3色が用意されており、ボディサイズは幅約76ミリ、高さ約145ミリ、厚さ約10.5ミリ、重さ約154gです。
CPUはMSM8974ACクアッドコアプロセッサでメモリはRAMが2GB、内蔵ストレージは32GBで最大128GBまで増設可能です。
ディスプレイは約5.5インチIPS液晶ディスプレイを搭載していてバッテリーは急速充電に対応している3000mAhです。
こうしたAndroidスマートフォンにはオートフォーカスがついた約1320万画素のアウトカメラと約130万画素のインカメラが搭載されています。”

Androidスマートフォンの「URBANO L03」とは?

“大人の上質感を演出するリアルメタル素材や押しやすいハードキーを採用し、ディスプレイが割れにくい強化ガラスや生活の様々なシーンで安心して使用できる防水機能なども搭載しているAndroidスマートフォンが「URBANO L03」です。
このAndroidスマートフォンにはアイビーグリーン、ピンクゴールド、パープルブラックの3色が用意されており、ボディサイズは幅約70ミリ、高さ約140ミリ、厚さ約9.9ミリ、重さ約154gです。
CPUはMSM8974ABクアッドコアプロセッサでメモリはRAMが2GB、内蔵ストレージは16GBで最大128GBまで増設可能です。
ディスプレイは約5インチTFT液晶ディスプレイを搭載していてバッテリーはワイヤレス充電に対応している3000mAhです。
このようなAndroidスマートフォンには約1300万画素のアウトカメラと約97万画素のインカメラが搭載されています。”