5G対応スマホの「X20 5G」とは?

“5Gを利用した通信速度は4Gの約20倍になるとされており、これによって大容量の動画を数秒でダウンロードしたり遅延なくオンラインゲームなどを楽しめます。
その5Gに対応しているスマートフォンはスマホ初心者でも使いやすいローエンドクラスから上級者向けのハイスペッククラスまでの様々な機種がありますが、その中の一つに「X20 5G」という5Gスマホがあり、負荷がかかっても熱を持ちにくくて軽い使い心地を体感できる高性能CPUや人のナチュラルな美しさを引き出す高性能カメラ、より省エネかつ操作時の滑らかさも実現している高精細大型ディスプレイや外出での長時間のゲームや動画視聴の際にも安心して使い続けられる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約161ミリ、厚さ約8.5ミリ、重さ約192gという持ち歩きやすい薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはシルバー、ブルー、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2376×1080でアスペクト比19.8:9のパンチホール付き約6.67インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは66Wの急速充電に対応している4300mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 900 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.9の明るいレンズがついた約6400万画素+深度レンズがついた約200万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(Magic UI 4.2)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーや防水・防塵機能、イヤホンジャックやハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”参照

5G対応スマホの「vivo Y53t」とは?

“5Gを利用するとライブスポーツ観戦でマルチアングルを利用することができて迫力満点で楽しむことができますし、エンターテインメントだけではなく医療やインフラの分野などでも活用されていくでしょう。
その5Gに対応しているスマートフォンは各スマホメーカーから様々な機種が発売されていますが、その中の一つに「vivo Y53t」という5Gスマホがあり、動画編集やオンラインゲームも快適に操作ができる高性能CPUや色鮮やかな映像を再現する高精細大型ディスプレイ、被写体の細かいディテールまでも写す高性能カメラや長時間の外出や旅行でも1日余裕で持ってくれる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM4GB/128GBモデルが約19000円でRAM6GB/128GBモデルが約21000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約8.1ミリ、重さ約186gといった小さい手の女性でも持ち歩きやすくて握りやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはゴールドとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度HD+ 1600×720の約6.51インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 700 MT6833 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GBモデルと6GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約1300万画素+深度レンズがついた約200万画素のデュアルアウトカメラと、F値1.8の明るいレンズがついた約500万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 13(OriginOS Ocean)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーや冷却システム、防水・防塵機能やイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「vivo iQOO 11 Pro」とは?

“5Gの低遅延は通信環境が向上するとされており、これは5Gがデータ遅延を抑えることができるからです。
また、データ遅延が抑えられることによってリアルタイムな操作が実現されています。
その5Gに対応しているスマートフォンは様々なスマホメーカーから多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「vivo iQOO 11 Pro」という5Gスマホがあり、どんな時間帯でも鮮明で美しい写真が撮影できる高性能カメラや旅行や長時間のお出かけでも安心して使える大容量バッテリー、指紋や汚れが目立ちにくくサラサラとした触り心地の高精細大型ディスプレイやオンラインゲームで遅延の少ない操作が可能な高性能CPUなどを搭載したハイスペッククラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/256GBモデルが約98000円でRAM12GB/256GBモデルが約108000円でRAM16GB/512GBモデルが約118000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約8.8ミリ、重さ約213gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはグリーン、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが144Hzに対応して解像度 3200×1440でアスペクト比20:9の約6.78インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは200Wの急速充電や50Wのワイヤレス充電に対応している4700mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 8 Gen 2 SM8550-AB 3.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルと16GBモデルがあり、内蔵ストレージは256GBモデルと512GBモデルがあります。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約5000万画素+超広角レンズがついた約5000万画素+ポートレート撮影できる約1300万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 13(OriginOS 3)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「AQUOS V6 5G」とは?

“5Gが様々な分野でいかされていますが、急速に研究が進んでいるのが自動運転とされていて、タイムラグがない5Gの特性を使ってアクセルやブレーキなどを操作して自動運転を可能にさせるということです。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くのスマホメーカーから様々な機種が発売されていますが、その中の一つに「AQUOS V6 5G」という5Gスマホがあり、旅行や長時間のお出かけでも安心して使える大容量バッテリーや少ないラグでオンラインゲームをプレイできる高性能CPU、滑らかな映像で楽しめる高精細大型ディスプレイや被写体に合った自然で綺麗なセルフィが撮れる高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約195gといった握りやすくて操作しやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはパープルとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度6.6インチ HD+ 1612×720でアスペクト比20:9の約6.6インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは15Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 700 MT6833 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GB、内蔵ストレージは128GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+深度レンズがついた約200万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、オートフォーカス、電子式手ぶれ補正、ビューティーモード、スーパーナイトモード、パノラマモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 12で指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーや防水・防塵機能、冷却システムやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「Infinix ZERO ULTRA」とは?

“5Gの周波数は基地局から遠く離れたところにも電波が届きやすい「Sub6」と、障害物に影響されやすい「ミリ波」という方式があります。
今現在の多くの5Gスマホには「Sub6」に対応しており、エリアが広くて高速大容量データ通信や低遅延を可能にしていますので多くの人がスマホを快適に楽しんでいます。
その5Gに対応しているスマートフォンには様々な機種がありますが、その中の一つに「Infinix ZERO ULTRA」という5Gスマホがあり、熱によるパフォーマンスの低下を抑えることが可能な高性能CPUや色の再現性にも優れている高精細大型ディスプレイ、外へ持ち歩くときも充電切れの心配をせずに楽しめる大容量バッテリーやスタジオクオリティの美しい映像や写真を撮影できる高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約76000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約165ミリ、厚さ約8.7ミリ、重さ約213gといった小さい手の女性でも持ち歩きやすくて握りやすい薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはシルバーとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.8インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは180Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 920 2.5GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約20000万画素+広角レンズがついた約1300万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 12(XOS 12)でディスプレイ内指紋認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”参照

ネットの犯罪はなぜ減らないのか?スマホをもつ子どもも被害者になりやすい!?

“今では、スマートフォンをもつ子供をねらった犯罪が増えているため、なぜ増えているのかと対処法はないのかを案内していきます。
そもそも、インターネットの利用で犯罪に巻き込まれてしまう原因ですが、「有害な情報をシャットアウトしていない」ために巻き込まれてしまうのです。そのため、親がしっかりと子どもを守っている場合は、インターネットの利用で被害にあうケースは少ないとされています。
有害な情報?と思われる方もいらっしゃるかと存じますが、主に「性的コンテンツ」が有害な情報に該当します。どうして子どもが性的コンテンツを知ってしまうのか・・・というと、スマートフォンによって有害サイトをブロックするものと、ブロックしないものにわかれるからです。そのため、子どもにスマートフォンをもたせる時は、有害サイトから子どもを守ってくれるスマートフォンをもたせるのが理想的です。
ちなみに、このような機能は「フィルタリング機能、ペアレンタルコントロール」と呼ばれている機能で、キッズケータイと呼ばれるスマートフォンには必ずといってもよいほど採用されている機能です。
また、このような犯罪を行っている人の多くは、「逮捕されないから、自分の顔を見られない」から・・・など、害悪な精神で行動していることが多いため、子どもに接触させるのも危険だと思ったほうがよいでしょう。
このようなトラブルと対処法については、実際にインターネットの利用を早めに学ばせるのが一番です。子どものころは、インターネットの利用は楽しいもの・・・と決めつけてしまうことが多く、有害サイトなどが存在することを知らないケースは少なくありません。しかし、一度インターネットの利用に慣れてしまうと、面倒ごとに巻き込まれてしまうのをさけるようになったり、インターネットのブラウザ上で警告マークが出ているサイトは使わない意識が高まっていくのです。
そして、子どもそのものが「有害な行為をしない」ように教育することも重要でしょう。
というのも、子どもは迷惑行為などを楽しいことのように勘違いしてしまうことがあるからです。ですが、インターネット上で特定の人物、集団に悪口をいってしまうことは咎められる行為なので注意してください。
今では、「炎上」と呼ばれるケースが該当します。炎上を起こしてしまうとアカウント名ではなく、リアルの氏名を知ろうと動き出す人もいますし、このような行為を止めてくれる人は基本的にいないと思ったほうがよいです。なので、インターネット上でトラブルが起きたときに炎上について知っているか知らないか・・・、それだけでも、子どもの場合はインターネットを使いこなしているかどうかの判断材料になるのです。
そのほかの注意点としては、子どもが「SNSの投稿にはまらない」ように注意したほうがよいでしょう。インターネットの利用がきっかけになってストーカー行為をされる、場合によっては誘拐されてしまうケースは世界中で確認されています。
なぜ、特定の人物との接触をインターネットを通じて可能にできるのか・・・というと、「子どもが住所を教えてしまう」、「住所特定につながる写真などを流出してしまう」といったケースが存在するからです。子どもは大人とはちがいインターネットの利用を恐れていません。ですが、これは無茶を繰り返しているだけなので、インターネットの利用で情報を発信してしまうのは、親といっしょにいる時だけに限定したほうが安全でしょう。”

240Hzで駆動する「SHARP AQUOS zero6」

“近年では、新型コロナウィルスの影響もありスマートフォンやゲームなどで時間をつぶされるユーザーが増えてきました。また、今ではゲームなども高クオリティなものが増えてきたため、「高いマシンスペック」を要求されるケースが少なくないため、「SHARP AQUOS zero6」のようなゲーミングスマホとしても使えるモデルが人気です。
SHARP AQUOS zero6の詳細スペックですが、「本体サイズが高さ:158mm 幅:73mm 厚さ:7.9mm、重量は約146g」のため、そもそもSHARP AQUOS zero6は、本体サイズや重量などの配分がほかのスマートフォンよりもワンランク上のスマートフォンです。
しかもSHARP AQUOS zero6はそのほかのスペックも低くありません。SHARP AQUOS zero6のそのほかのスペックですが、「バッテリー容量が4,010mAh、ディスプレイサイズは約6.4インチ OLED、ディスプレイ最大表示色は約10億色、ディスプレイ解像度は2,340×1,080(FHD+)」となります。AQUOSシリーズは、ほかのスマートフォンよりも映像のクオリティがよく、しかも「240Hzの高リフレッシュレートに対応している」数少ないスマートフォンなのです。
リフレッシュレートについて知らない人のために解説すると、一般的なスマートフォンの場合、リフレッシュレートの値は60Hzしかありません。これはフレームレートと呼ばれる値と同じで、定まった時間に対して何コマの映像を出力できるのか・・・という意味です。60Hzもあれば十分と思ってしまうかもしれませんが、最新のゲームなどを楽しむ場合は「120Hz」はあったほうがよいといわれているので、リフレッシュレートに妥協したくない人の場合はSHARP AQUOS zero6を選ばれたほうが無難でしょう。
また、SHARP AQUOS zero6は7万円を切る価格で購入できるスマートフォンなのですが、処理性能についてもほかのスマートフォンよりもコストパフォーマンスがよいのでオススメです。
SHARP AQUOS zero6の処理性能ですが、「CPUがSnapdragon™ 750G 5G Mobile Platform 2.2GHz/2 + 1.8GHz/6、RAMは8GB、ROMは128GB、防水はIPX5/X8 防塵はIP6X、認証には指紋・顔、カラーはブラック・ホワイト・パープル(ソフトバンク限定カラー)」となっておりますので、昨年の2021年に発売されたモデルとは思えないほどの完成度を誇ります。
そのほかの長所として、SHARP AQUOS zero6には4,010mAhの大容量バッテリー、SDカード対応、イヤホンジャックありなども人気の理由とされています。ただし、今ではSHARP AQUOS zero6の人気がかなり上がっているため、ショップによってはSHARP AQUOS zero6が売り切れになっているケースが目立つので注意してください。”

性能が中堅で人気のスマホ「SHARP AQUOS zero6 SHG04」

“ゲーミングスマホとしても使える「SHARP AQUOS zero6 SHG04」ですが、「参考価格71,585円」のスマートフォンのため、人によってはSHARP AQUOS zero6 SHG04は高い・・・と感じるかもしれません。ですが、SHARP AQUOS zero6 SHG04のスペックについて知っていると、コストパフォーマンスが高いスマートフォンであることがわかります。
そもそもSHARP AQUOS zero6 SHG04は、「146gの軽量モデル」となっておりますので、ほかのスマートフォンよりも軽いのが特徴です。軽いスマートフォンはたくさんある・・・と思ってしまいますが、実際はそうではありません。というのも、今ではワイドディスプレイタイプのスマートフォンがトレンドとなっているため、「200g以上のスマートフォンが珍しくない」時代なのです。
ほかにもSHARP AQUOS zero6 SHG04は長所が多く、「AQUOSシリーズで映像がきれい(10億色の豊かな色彩を表現)、トリプルカメラ搭載、リフレッシュレートが240Hz」などの特徴もあります。今では、SHARP AQUOS zero6 SHG04よりもCPUなどの性能がよいスマートフォンは多いですが、その代わりに価格が10~15万円とお高いスマートフォンが多いので注意してください。
SHARP AQUOS zero6 SHG04の詳細スペックですが、「OSがAndroid 11、CPUはQualcomm Snapdragon 750G 5G、RAMは8GB、ROMは128GB、ディスプレイサイズは6.4インチ 2340×1080」となっております。簡単にSHARP AQUOS zero6 SHG04のスペックを解説すると、CPUなどの性能はそこそこで中堅のスペックを誇ります。実際に、SHARP AQUOS zero6 SHG04よりもすぐれているハイエンドモデルのスマートフォンは多く、RAM12GB以上のスマートフォンは少なくありませんし、ハイエンドモデルのスマートフォンであれば最新のCPU搭載のモデルばかりとなっております。
しかしSHARP AQUOS zero6 SHG04は多機能、ハイスペックなスマートフォンで、「認証機能は指紋認証と顔認証、5G対応モデル、カメラ最大画素数は標準:4800万画素、広角:800万画素、望遠:800万画素、前面:1260万画素、カメラ付属機能に手ブレ補正や4K撮影対応、防水機能あり、イヤホンジャックあり、ハイレゾ対応、おサイフケータイ機能あり、本体サイズは幅73×高さ158×厚み9.6mm、重量は146g」のすぐれたスマートフォンです。”Samsung Galaxy S23+

ASUS ZenFoneシリーズは「ASUS ZenFone 6」なら安く買える

“ASUS ZenFone 6は、今ではASUS ZenFone 8以降が販売されている人気のスマートフォンです。ですが、ASUS ZenFoneシリーズの中でもASUS ZenFone 6は、「格安SIMフリースマホとして人気のスマートフォン」なので、文字通り格安で購入できるのが売りです。
ちなみに、スマートフォンの利用時における支出で最も多いものは「端末価格」です。ASUS ZenFone 6のような人気のスマートフォンでは、最新のモデルが当然のように10万円以上するケースが多いため、誰もかれもが購入できるスマートフォンではありません。ですが、ASUS ZenFone 6の場合は型落ちしている以外のマイナスポイントが少なく、しかも5万円以下で購入できるすぐれたスマートフォンの1つとされています。
ASUS ZenFone 6の詳細スペックですが、「発売日が2019年8月23日、画面サイズは6.4インチ、カメラはメイン:4,800万画素、フロント:4,800万画素(フリップカメラ式)、バッテリー容量は5,000mAh」となりますので、大容量バッテリー搭載モデルと呼ばれるモデルの一種です。
大容量バッテリー搭載モデルは、今では売れ筋になっているのですがバッテリー容量が4,000mAh以上なので当然かもしれません。格安SIMフリースマホの場合、CPU、RAMはミドルレンジモデルのスマートフォンとして中々の性能がある・・・のですが、バッテリー容量が3,000mAhとバッテリー容量をごまかしているケースが多いです。
そのため、「安すぎるスマートフォンは購入しないほうがよい」という情報が、今でもインターネット上でよく見つかります。これは真実なので、ASUS ZenFone 6のような売れ筋のスマートフォン以外を購入する際は、RAM、ROM、バッテリー容量の3つは必ずチェックするようにしましょう。
そのほかのASUS ZenFone 6のスペックですが、「防水機能は非対応、SIMフリー対応nano-SIM、フリップカメラ搭載」となります。ASUS ZenFone 6のような格安SIMフリースマホの場合、基本的に防水防塵機能ありで高性能・・・のケースはまれだと思ったほうがよいでしょう。
その代わりにASUS ZenFone 6には、「フリップカメラが搭載されている」のでほかのスマートフォンよりもカメラ性能は高性能です。
一般的なスマートフォンはアウトとインにカメラが搭載されています。しかし、ASUS ZenFone 6は背面のカメラをくるりと回すことが可能になっており、どちらの方向に対してもカメラを向けられるようになっているのです。しかもASUS ZenFone 6は、その性能に甘えているわけではないため、フリップカメラは背面カメラと同じ4,800万画素のカメラが採用されています。”

スマホの格安サービスは質が低い

“キャリアスマホというと、今では、格安SIMフリースマホに乗り換える人が増えているため、昔に比べてユーザー数が減っている・・・という意見もありますが、近年では、「格安SIMフリースマホの価格ではなくサービス」について考えた結果、キャリアスマホをそのまま使い続ける判断をされる人もいます。
人によっては、キャリアスマホと格安SIMフリースマホは同様のサービスを行っている・・・という人もいますが、実際はそうではありません。
そもそも、「キャリアスマホの通信サービスを利用させてもらう」形で、格安SIMフリースマホは成立しています。そのため、キャリアスマホであれば通信サービスが利用できるケースでも、格安SIMフリースマホはつながらないケースがあるので注意してください。
なぜこのような情報が今では注目を集めるようになったのか・・・というと、それは、日本国内で「災害がよく発生する」からです。過去であれば、震災などを想定してスマートフォンを購入する方もおられたのですが、今では、震災だけでなく水害なども想定してスマートフォンを購入される方が増えてきました。
そこで重要になってくるものが、キャリアスマホのようないざという時のサービスは存在するのか・・・です。ですが、格安SIMフリースマホのほとんどは通信サービスのアドバイスを得る際に、「オプションサービスの加入を求められる」ため、オプションサービスを最低限で使用する場合はいざという時の備えもないままで連絡をしないといけません。
具体的には、「ネットや電話などがつながらない」場合に、誰も助けてくれない状態におちいるリスクが格安SIMフリースマホにはあるのです。
そのほかのケースでは、キャリアスマホ側もプラン料金を勉強するようになってきたため、サブブランドに切り替える必要性を感じないユーザーが増えています。
サブブランドの場合、格安料金であれば「2000円以内で通話し放題プラン」のような」サービスがあるため、これは安い!と感じる人もおられるのですが、そもそも、キャリアスマホでも2000円とちょっとで同様のプランに申し込めるため、実を言うと、数百円の金額差に対してキャリアスマホ、格安SIMフリースマホには大きな開きがある・・・と言っている人がいるだけなのです。
また、キャリアスマホの多くは「ダウンロード、アップロードにかかる時間が格安SIMフリースマホより上」のため、よくインターネットを利用しているユーザーの場合、キャリアスマホのほうが圧倒的にすぐれているのです。よくインターネットを長時間利用していると通信制限が発生する・・・と言われていますが、これはサブブランドのスマートフォンでも同様のことが起きます。
つまり、格安SIMフリースマホはサービスが不安定、インターネット接続も不安定、料金についても大きな差があるわけではないといったデメリットを抱えているので、騒がれているほどメリットの多いサービスではありません。”最新折りたたみGalaxy