4K出力とHDR対応の「Chromecast Ultra」発売開始。9,720円

Googleは22日、4K/HDRに対応した新しいメディアプレーヤー「Chromecast Ultra」の日本での発売を開始しました。価格は9,720円(税込)です。米国では10月5日に発表しており、「日本でも近日発売」とアナウンスしていました。Chromecastは、テレビにHDMI接続していて、Androidスマートフォン/タブレットやiPhone/iPadのCast対応アプリ、Mac/Windowsで選んだYouTubeなどの動画再生などが行なえるメディアプレーヤーです。処理能力が1.8倍に高速化しています。既存の「Chromecast」(4,980円)はフルHDまでの対応で、ネットワークも無線LAN(IEEE 802.11ac)だけだったのですが、Chromecast Ultraは4Kに対応しています。通信もIEEE 802.11acに加え、Ethernet(有線LAN)をサポートしていて、Ethernetポート内蔵の電源アダプタが付属しています。4K出力に加えて、HDRにも対応しています。HDRの方式はDolby Visionをサポートしていて、NetflixやYouTubeなどの4K動画をテレビなどで楽しめるほか、スマートフォンの対応アプリから、コンテンツを選んでキャストし、テレビに繋いだChromecast Ultraでストリーミング再生させるといった使い方もできます。

月1万円超でも「格安SIM」映画250本分の大容量、動画見放題に照準の新潮流

格安SIMなのに月額1万円を超えるプランが登場しています。「月額料金が安い」を売りにしている格安SIMだけに意外かもしれませんが、実はこのサービスもしっかり格安なのです。大容量のデータ通信が、大手キャリアと比べると安い金額で利用できます。ターゲットは最近増えている動画や音楽配信サービスを利用したいという人たちですね。格安SIMサービスに、こういった大容量対応プランが登場した背景には、「サブスクリプション」と呼ばれる、毎月一定額の料金を払えば映画やドラマが見放題になる動画配信サービス(「Netflix」「Hulu」「Amazonビデオ」「dTV」など)や、音楽が聴き放題になる音楽配信サービス(「Apple Music」「LINE Music」「Spotify」など)が、相次いで登場していることも関係しています。毎月使えるデータ容量が50ギガバイトあれば、Huluで2時間の映画を画質「中」なら250本、画質「高」でも166本再生できる。格安SIMの大容量プランなら、動画・音楽の配信サービスをより良い品質で長い時間楽しめます。そして、プラスワン・マーケティングの広報担当者も、大容量プランをスタートした理由について「一番の理由は動画配信サービス。ユーザーの要望に応える形で追加した」と語っています。

auのスマホでお得に電気も使えるように

電気の自由化が始まりましたが、あまり電気会社を変えたなんて話を聞きません。
実際にどのぐらいお得になるのかも分からなったので、今まで見たりもしませんでした。
しかし、やっぱり電気会社を変えることでメリットが出てくるような人もいるようですよ。
「auでんき」に変更をした所、電気代が1000円ほどやすくなったなんて話を聞きました。
月に1000円となると年間にしたら結構大きな違いが出てくるものですよね。
また、「auでんき」にはキャッシュバックのサービスがあるようです。
auスマホとセットで使用をすることで、キャッシュバックが2019円となるそうなのです。
なので、auを日頃から利用をしている方にはお得になるという事になります。
また、電気料金の最大5%がau WALLETへチャージされたりと、色々なキャンペーンも行っているようなのです。
なので、電気会社を変えることでお得になってくる事もあるようなのです。
電気を少しでも安く使用をしたいという方にとってもおすすめです。
電気は生活には欠かせないものでもあるので、できるだけ安く使えればそれだけ貯金だってできるようになりますね。
スマホと同時にお得に使用ができていいものです。

ドコモのおすすめスマホ「Disney Mobile on docomo DM-02H」

ドコモのおすすめスマホの一つに「Disney Mobile on docomo DM-02H」があります。
このドコモのおすすめスマホはシンプルなホワイトと可愛いピンクの2色が用意されていますので、特に若い女の子におすすめできるスマホです。
ボディ正面にはスワロフスキー製のミッキー型クリスタルが施されていますし、背面にはミッキー型のレイアウトがありますので、ディズニー好きには最高に嬉しいスマホですね。
また、光るハートが背面には現れるので可愛いですし、カラーバリエーションに合わせた純正窓付きカバーが付属されていますので嬉しい限りです。
サイズは幅73ミリ、高さ148ミリ、厚さ7.9ミリで重さは約130gと良い感じのサイズになっています。
ディスプレイは5.2インチのフルHDを採用していて、リアカメラは1600万画素でフロントカメラは800万画素になっています。
バッテリー容量は2900mAhですので、普段使いには十分な容量だと思います。
それと、防水機能やワンセグを搭載していますので便利ですね。
見た目のデザインで選ぶ人が多いのですが、機能なども充実していますのでどのような人にもおすすめできるスマホと言えるでしょう。
このようなドコモのおすすめスマホを使用すれば、毎日ミッキーと楽しく過ごせるかもしれませんね。防水・防塵スマホとは?

ロゴを見つけてお宝ゲットだぜ!なLIXILのキャンペーン開催中

住宅用設備機器メーカーのLIXILが、9/29より「ロゴを見つけて、お宝ゲット!わが家のリクシルを探せ!Part2 」という自宅でバーチャル宝探しができるプレゼントキャンペーンを実施しています(11/30まで)。ルールは簡単。まずは自宅にあるLIXIL製品を探し、付いてるロゴ(トステム・新日軽・INAX・東洋エクステリア・サンウエーブ工業の旧事業会社のロゴも対象)をスマートフォンで撮ります。次に画像をキャンペーンサイトへアップロード…ロゴが無事に認証されれば、プレゼントが当たるルーレットがスタートするという仕組みなんですよ。トイレやキッチン、ドア、洗面所、門扉などなど、ありとあらゆる所を探してみると以外とLIXIL製品を使っているかも?私もちょっと探してみただけで二ヶ所見付けてしまいました。気になる景品は全部で161種類もあり。ダイソンのドライヤーや特製生ハム、限定モデルのエレキギターなど様々なジャンルのものが用意されているとか。私も早速ルーレットにチャレンジしてみましたが、残念ながらハズレてしまいました。でもロゴ画像は6回までアップロードできるし、Twitterと連動すればすぐに再挑戦もできます。これなら結構な回数をチャレンジできますよね。宝探しとルーレットのワクワクが楽しめる同キャンペーン。ぜひ貴方も挑戦してみてはいかがでしょうか。

住友理工が通勤・休憩中の「ポケモンGO禁止」…自由時間への介入に問題はないのか?

通勤中、休憩中の「ポケモンGO」禁止ー。自動車部品などを製造する住友理工が、「ポケモンGO」などのスマートフォンゲームの利用を、休憩時間や通勤中に禁止していると報じられ、「小学生と同レベルの注意」「労災が絡むんだから危険行為を制限するのは当然」などとネットで話題になりました。報道によると、住友理工は、世界105拠点の従業員約2万4千人に向け、7月下旬にメールにて通達を行いました。注意喚起が狙いで、罰則はないとしています。一般的に、通勤中や休憩時間など、本来個人の自由に過ごせる時間の過ごし方に企業が介入することは法的には問題はないのか、河野祥多弁護士に聞いてみました。「労働者は休憩時間を自由に利用できるのが原則です(労働基準法34条3項)。したがって、休憩時間に対する企業の介入は基本的に違法です。ただ、この休憩時間自由利用の原則は、(1)施設管理の必要性と、(2)職場規律の維持の必要性に基づく合理的な制約を受けます」河野弁護士はこのように述べます。また「休憩時間、通勤中の『ポケモンGO』利用禁止を就業規則で制約することは基本的に違法な行為と判断されるでしょう。ただ、今回の件は、罰則を伴わない、注意喚起を目的としたメールでの通知とのことですので、記載内容にもよりますが、原則として違法とまでは言えないでしょう。あくまでも個々の従業員の自発的な意思に訴えかける形での注意喚起と言えるかどうかが重要になってくるでしょう」ということでした。

Pokemon GO Plusのメリット

スマホゲーム『Pokemon GO』のウェアラブルデバイス『Pokemon GO Plus』は、Bluetooth LEで連携できるからスマホ画面を見なくてもポケモンがプレイできてしまうという超便利アイテムだと聞きました。が、本当にメリットがあるのかと疑っているプレイヤーも少なくないようです。そこで今回はPokemon GO Plusのメリットについて考えてみました。1番良いことは、ポケストップでの道具集めとポケモンの捕獲を半自動化できるため、“ながらスマホ”を防止できるという点ですね。Pokemon GOが配信されてから歩きスマホをしている人が多くなり(車のドライバーにもプレイしている人いますね)、実際にも事故も起きています。Pokemon GO Plusがあればボタンを押すだけでアイテムをゲットしたり、ポケモンの捕獲ができたりするのでスマホは触らなくても良いというわけ。仕事中でもボタン一つでアイテムやポケモンをゲットできるって嬉しいですよね。しかもPokemon GO Plusなら赤いモンスターボールでもポケモンゲット率がおそろしく高いそう。もちろん欲しいポケモンを逃す可能性はありますが…ボールを投げるのが不得意な私みたいなプレイヤーには丁度良いかもしれません。というわけでPokemon GO Plusは安全に遊んだり、勉強や仕事が忙しいけどPokemon GOを続けたいという方にはピッタリな商品だと思います。www.samsung.com/jp

定額制読み放題と今後の展望

電子書籍・電子雑誌のビジネスモデルは1冊(1ダウンロード)ごとに課金することがほとんどでしたが、近年はサブスクリプション(定額制)モデルや広告収入等により無料で読めるマンガアプリなど、さまざまな形態のモデルが導入されています。国内では電子雑誌ジャンルで「dマガジン」がこのモデルを定着させました。電子書籍も含めた定額制読み放題サービス(電子雑誌のみのサービスは除く)は、2012年12月「ブックパス」(KDDI)の「月額読み放題プラン」を皮切りに、2013年1月「コミックシーモア」の「読み放題ライト」「読み放題フル」、2015年7月「Yahoo!ブックストア読み放題」がそれぞれ開始されています。「ブックパス」は昨年度の調査で約2万冊だった対象書籍が4万冊へと拡大し、利用者も増えているということです。「Yahoo!ブックストア」では、「『無料作品』で集客し、『読み放題』で会員化(月額課金化)し、『アラカルト販売』でさらに収益性を高めていく」と、明確な導線を敷いています。この数年、電子書籍の普及の鍵としていわれるのが、本の“ディスカバラビリティ”(発見される能力)なのです。既存の出版ビジネスでは、書店店頭での販売力で勝負してきましたが、書店の絶対数が減り、そしておそらく書店の集客力そのものも落ちている今、スマートフォンのようなプラットフォーム上で、いかに本(電子/紙、書籍/雑誌を問わず)との出会いを演出できるかというのは、既存の出版ビジネスにとっても最重要課題といえるでしょう。

“9割の高校生が個人情報掲載リスクを認識も、8割が掲載経験あり、通話アプリがホーム画面にない高校生が2割強、MMD調査 “

MMD研究所とインテルセキュリティは、921人の高校生を対象として8月26日~31日に実施した「高校生のスマートフォン利用実態調査」と、102人の高校生を対象とした「高校生のスマートフォンホーム画面分析調査」の調査結果を発表しました。携帯電話端末は96.8%、うちスマートフォンは93.0%が保有していて、2014年調査との比較では13.5ポイント増えています。スマートフォンでは、「LINE(92.1%)」「検索(88.8%)」「音楽を聴く(77.7%)」などに使っている高校生が多いのですが、「勉強で活用(38.5%)」している高校生も一定の割合で存在しています。校則については、「授業中の使用禁止(61.6%)」「構内での使用禁止(37.4%)」「学校への持ち込み禁止(12.6%)」など、スマートフォン・携帯電話に関する校則が「ある(85.6%)」場合が大半で、「LINEの禁止」「SNSへの校内画像アップ禁止」など、SNSに関する校則も一部高校で存在しています。SNSやインターネットにおける個人情報の取り扱いについては、「SNS上への個人情報掲載にはリスクがある」に、「そう思う」「ややそう思う」と回答した高校生は合わせて89.3%だった一方で、「自分の写真や動画(59.3%)」や「自分のニックネーム(56.6%)」「友達や恋人の写真や動画(41.1%)」など、8割の高校生が、SNSや掲示板へ個人情報を掲載した経験がありました。
スマホで良い音楽を聞くためには?

モバイルバッテリーから給電 USBスマホクーラー

ドスパラは9月7日、同社直販ショップ“上海問屋”で「USBスマホクーラー」(DN-914239)を発売しました。価格は1199円(税込、送料別)。本製品は、iPhoneやAndroidスマートフォンの背面に吸盤で取り付けることで、スマホを冷却できる空冷ファンです。最近のスマホの利用シーンで発熱というと、代表的なのは「Pokemon GO」。スマホが発熱した結果、持っていられないほど熱くなったり、熱のせいでスマホのパフォーマンスが落ちてアプリがカクカクになったりという経験をした方も多いのではないでしょうか。スマホの発熱は機械の寿命も縮ませかねないし、アプリのパフォーマンスを考えてもこのクーラーがあればこの熱を解消できるのではないでしょうか。なお、吸盤での接着となるためスマホの背面の素材によっては付かない場合もあります。また、クーラーへの給電はモバイルバッテリーから行うようになっていますが、付属のmicroUSB変換アダプターを介してスマートフォンからクーラーへの給電も可能なっています。ただし、スマートフォンからの給電だと余計に発熱することも考えられるため、やはりモバイルバッテリーを使うのがいいでしょう。