メモを取っても、仕事に生かせない理由

PCとスマホで仕事を完結させるデジタル派が増えている昨今です。数少ない手書きで行う作業のひとつが「メモ」です。ただの書き写しではなく、次のアイデアを生む価値あるメモはどうすればできるのでしょうか。未来の自分を信頼しない──それが仕事の質を上げるメモの極意です。アイデアを考えるとき、企画を練るときやプレゼンの準備、どんなメモでも自分の記憶を信じず、将来の自分の役に立つように意識するだけで、役立ち率が劇的にあがるのです。それでは、「使えないメモ」とはどんなものでしょうか。駄目なメモでありがちなのは、何を書いているのか、いつ書いたのかがわからない、ラインを引きすぎたり印をつけすぎて、何が重要なのか見分けがつかないといったものです。一番意味のないメモは、ホワイトボードの板書やスライドの内容をそのまま書き写したり、話し手が言ったことをそのまま書きとる「お勉強」のようなメモではないでしょうか。そんなメモからは卒業しないといけません。たとえば、ある商品の販促の会議でのことです。前に立って話している人の言葉をメモしていで、隣でベテラン社員がつぶやいた「この商品のターゲットは子供を持つ女性なんじゃない?」という着眼点に、「そうですね」とただ相槌を打つだけだったのです。でもメモを取るべきは、本来そういう会話などの「アイデアのかけら」なのです。そこから脱却できたのは、意識的にメモの取り方を変えたからです。具体的には、自分があとで見返すことを想像して書く「未来メモ」をつくるようになってからです。それがきっかけで大きな案件を任されるようになり、仕事に自信もつき、結果的に独立して働けるようになったのです。

Qualcommが「Snapdragon 835」で動くWindows 10をデモ 実際どんな感じ?

テストマシンで4K(3840×2160ピクセル)動画を再生するテストも行われました。何のことはなく「普通」に再生が始まり、コマ落ちはなく「滑らか」に視聴できたのです。ここで再生中のCPU負荷を見てみると、最大でも10%台前半に収まっています。これは、予想以上に負荷がかかっていないということです。実は、Snapdragon 835に内蔵されているAdreno 540はH.264 (AVC)、H.265 (HEVC)、VP9形式の動画に対する再生支援機能を備えているのです。ARM版Windows 10でもこの支援機能を使ってH.264、H.265、VP9形式の動画再生時のCPU負荷を減らすことができます。CPU負荷が減れば、その分をその他の処理に振り向けることもできるのです。動画を再生しつつ別の作業を行うことも問題なさそうです。Snapdragon 835は、下り最大1Gbps・上り最大150Mbps(ともにスペック上の理論値)の通信に対応する「Snapdragon X16 LTE modem」を内蔵しています。下り最大1Gbpsの「Gigabit LTE」に対応しているこのプロセッサは、ある意味でAlways Connected PCには理想的な存在でもあるのです。もちろん、テストマシンでも「Gigabit LTE」を使うことができます。そのダウンロード速度を体感するデモも行われました。Rohde & Schwarz(ローデ・シュワルツ)の機器でGigabit LTE環境をシミュレーションしたものではあったのですが、350Mbps(約43.8MB/秒)前後の速度でデータをダウンロードできていたのです。これだけの速度で安定して通信できれば、大容量のデータをLTEでやりとりしてもストレスはないでしょう。

現代の様にパソコンやスマホの電子メールが普及していなかった時代。

年賀状や、暑中見舞いを郵便で送るのは、毎年の恒例でした。沢山の宛先に送るのであれば、それだけ多く葉書を書かなければいけません。あまりにも量が多くてタイヘンなので、印刷所に出そうにも、当時は今よりも遥かに料金が高額だった為、なかなか一般市民には手が出ませんでした。…そんな中、これなら庶民にも手が届く!価格帯の印刷機が登場したのです。それこそが…。1977年に登場した…。年賀状や暑中見舞いの製作に最適!個人向け孔版(こうはん)印刷機「理想科学工業 プリントゴッコ」なのです。プリントゴッコの印刷方法は実にカンタンです。まずは原稿を描きます。その際、カーボンブラック(炭素)が含まれた筆記用具で描くのがポイントです。大方の人は、備品として売られていた「理想ペン」を購入した事と思います。カンタンな操作で多量に印刷が出来るという事で、「こりゃあ便利だ!」と大評判となり、プリントゴッコは大ヒットとなりました。特に現代の様に、「いらすとや」さんも居なかった時代…。イラスト原稿の素として利用が出来る、素材集が多く発売されて、人気を博しました。さて、この時、当初の年賀状や暑中見舞いの用途だけではなく、もっと別の用途に最適だ、という事に気が付いた人達が居ました。アマチュア無線家達です。アマチュア無線の世界では、QSLカード(交信した事を証明する為に、お互いに発行する葉書大の交信証明書)をQSO(交信)した件数毎に用意する必要があります。沢山交信したのであれば、交信証明書を大量に発行しなければいけません。しかし、手書きで作るのは大変だし、印刷所で印刷するには莫大なお金がかかります。プリントゴッコは、そんなHAM(アマチュア無線家)達の要望に応える商品となったのです。

スマホ充電を5台いっぺんに

今ではスマホ充電というのも欠かせないものとなっていますよね。
お店でスマホ充電があるというのも珍しくなくなってきました。
充電をお店でできるようになったりして助かるような所もあったりしますよね。
自宅でもスマホやタブレットなど何台かあるなんて方もいるでしょう。
家族なんかがいればやっぱりたくさん充電をしたいなんて事もありますよね。
5台いっぺんに充電ができる充電ステーションがあります。
一度に5台の充電ができるようになっているので、充電の取り合いなんかしなくても良くなるのです。
また、きちんとスマホを立てれるようになっているので家族みんなでスマホ充電なんて事も可能です。
今は家族みんながスマホを持つような時代になっています。
そんな時代だからこそこのような充電が必要になっているのかもしれませんね。
実際に充電をする時に子供なんかがいれば、充電が必要な場合も多くなってくるので、このようなものを活用をするのもいいかもしれませんね。
新モデルが発売されているので、またこれは注目ですね。
新しいモデルを活用してこれから充電に困らないようにしなくてはいけません。
これからこういうスマホ充電器も普通になつてきそうです。

イヤホンコードはなぜ絡む 効果的な対策は?

通勤途上や休憩時間にイヤホンで音楽を楽しむ人は多いと思いますが、使う際に面倒なのがコードの扱いです。カバンやポケットに無造作に突っ込んだままだとコードが絡んでしまい、イライラする場面が少なくないのです。無理にほどこうとすれば、断線など故障の原因にもなりかねません。なぜカバンの中のイヤホンコードは絡みやすいのか?絡みをうまく防ぐ効果的な対処法はあるのか? イヤホンコードにまつわる数学的理論や商品の最新事情について調べてみました。イヤホンコードはなぜ絡む 効果的な対策は?「結び目の理論」を説明する埼玉大学大学院教授の下川航也さん
長いひもほど絡みやすい、「結び目の理論」で証明。「実はイヤホンのコードが絡むことは極めて自然であることが数学的に証明されているんですよ」――。埼玉大学大学院理工学研究科教授の下川航也さんが解説してくれました。「ひもの結び方がどれくらいあるか」などの問題は数学の分野だと「結び目理論」と呼ばれていて、100年以上の歴史があるというのです。日本は世界でも知られた研究者を輩出しているそうです。ここで注目したいのは「容器の中に十分に長いひもが入っていると結び目ができている確率は高く、さらにひもの長さが長くなるほどその確率は100%に近づく」ということです。サムナーズとウィッティントンの定理などといわれ、すでに数学的に証明されているのです。原因は自由度、逆にひもが短いと結び目は作れません。逆にひもが短い場合は、結び目ができにくくなるらしいのです。「たとえば太さが1センチのひもだと、15.66センチ以上の長さがないと結び目を作ることはできない」という定理もありmさう(デンヌとサリバンとディアオの定理)。つまり、太さが数ミリで長さが1メートル程度もあるイヤホンは、数学的にも結び目がとてもできやすいというわけです。
http://www.galaxymobile.jp/discover/hint/smartphone-music

スマホの機能でカメラがアップしてきている

スマホを使用するのが当たり前になってきました。
特に若い子はスマホの機能を上手に使っているため、やっぱり欠かせないものとなっていますよね。
スマホも若い子に大事なのはスマホカメラだと思います。
最近では、スマホカメラを使用してSNSなどにアップして楽しむのも当たり前になってきました。
そんな事もあり、やっぱりスマホ機能も大事になってきています。
続々新しく登場をしているスマホもやっぱりカメラ機能を上げてきていますよね。
「Xperia XZ Premium」と「Xperia XZs」なのですが、こちらスマホカメラ昨日がアップしてきているようですよ。
スマホのカメラを撮影する際に「スーパースローモーション」が利用できるようになっています。
こういった機能を使用する事でより綺麗な写真を撮影する事ができるようになります。
やっぱり頑張って良い写真をSNSでアップするために何枚も撮影して頑張っているような方もいます。
しかし、こういった機能を活用する事でこれから良い写真だって簡単に撮影をすることができるようになるかもしれません。
スマホカメラ機能もスマホによってそれぞれですが、スマホカメラを重視する場合やっぱり「Xperia」には注目をしておきたいものです。

ウェアラブル端末の「Pebble Time Round」は世界最軽量

ウェアラブル端末を身につける時に気になることは何でしょうか?
それは人によって違うと思いますが、多くの人は軽くて疲れにくいということを気にするのではないでしょうか。
軽ければ快適に使用し続けられますが、どのウェアラブル端末が軽くて良いのか分からない人もいるでしょう。
そこで紹介したいのが「Pebble Time Round」というスマートウォッチです。
このスマートウォッチは重さがたったの28gですので装着していることを忘れてしまうくらいの軽さです。
さらに、薄さがたったの7.5ミリしかありませんので快適な装着感を味わうことができると思います。
それに、本体部分はエレガントな丸形フェイスを採用していますので、見た目は高級感溢れる腕時計に見えます。
どのようなシーンにも合わせられるデザインですので誰でも気持ち良く装着することができるでしょう。
バッテリーは15分の充電で約1日も使用できる大容量バッテリーを採用していますので安心ですね。
着信やメッセージ、カレンダーイベントなどを分かりやすく知らせてくれますので便利だと思います。
このようなウェアラブル端末は世界最軽量だけではなく、自分好みにカスタマイズできますので楽しみながら役立つ良いアイテムと言えるでしょう。http://www.galaxymobile.jp/wearables/

スマホのゲーム「ステラセプトオンライン」とは?

スマホのゲームで遊んでいる人でも、まだ遊んだことがないゲームがあると思います。
それだけ数多くのゲームが出回っているからですが、そのスマホのゲームの一つに「ステラセプトオンライン」というファンタジーオンラインRPGがあるのをご存知でしょうか?
このスマホのゲームは基本無料プレイになっていますので、どなたでも気軽に始められると思います。
また、リアルタイムで全国のユーザーと協力しながら冒険できますので色々ユーザーと出会えて面白いですね。
ユーザーは戦士となって迫りくる敵と戦い、神秘の力「ステラ」を身にまといながら成長していき強い戦士になっていきます。
連続攻撃の「コンボ」システムを駆使した新感覚バトルになっていて、タイミングを上手く合わせてタッチパネルをタップするとスキルが発動して敵を圧倒することができます。
それに、敵を倒すことで「バーストポイント」が蓄積されます。
そのバーストポイントを開放すると強力なバーストシステムが発動し、流れるような連動スキルで戦闘を彩ってくれます。
このようなスマホのゲームはハイクオリティな3Dグラフィックで爽快感のあるバトルを楽しむことができますので、1度試してみてはいかがでしょうか。

スマホのゲーム「ぷよぷよクエスト」とは?

スマホでゲームをする人は多くいると思いますが、どのようなゲームで楽しんでいるでしょうか?
最近、ハマるゲームが見つからないという人もいると思います。
そうした人は「ぷよぷよクエスト」をご存知でしょうか?
このスマホのゲームはあの有名な「ぷよぷよ」をベースにしたソーシャルゲームで、今でも多くの人が楽しんでいるパズルRPGでもあります。
1600万ダウンロードを達成している人気ゲームですが、簡単な操作でぷよぷよの魅力である大連鎖が楽しめますので、子供から大人まで年齢を問わず使用されています。
また、クエスト冒険すると色々なキャラクターと対戦することができ、その相手に勝つと次のバトルに進むことができます。
相手を倒した時にキャラクターカードが手に入ることもあります。
手に入れたカードを組み合わせてオリジナルチームが組めるので色々な楽しみがありますね。
それと、カード同士を合成させることでカードをパワーアップさせたり進化させることもできます。
友達とギルドを作って一緒に楽しむこともできますので、協力プレイの楽しさも感じることができますね。
このようなスマホのゲームは無料ですし操作が簡単ですので、誰でも気軽に遊べるゲームと言えますね。http://www.galaxymobile.jp

高耐久のボディーと、アウトドアで役立つ機能が特徴の「TORQUE X01」

京セラ 通信機器事業本部 通信国内事業部 国内技術部 プロジェクトリーダーの大内康史氏は、TORQUE X01を「TORQUEのDNAを受け継いだ最強のタフネスケータイ」と紹介します。「従来型ケータイで高耐久の端末が欲しいという声が多かった」ことは京セラ側も認識しており、そんな「熱い要望に応えるべく、満を持して開発した」(同氏)。スマートフォンでも展開している「TORQUE」は、G’zOneなどに比べると新しいタフネスブランドですが、実は京セラは2003年から、北米でもタフネスケータイを投入しているのです。こうした北米で培ってきたノウハウも、TORQUE X01は受け継いでいます。TORQUE X01はG’zOne TYPE-Xと似ている部分が多いのですが、(G’zOne TYPE-Xと開発した)カシオ計算機とノウハウを共有するといったことはなく、あくまで京セラが築き上げてきた技術を取り入れているのです。大内氏がTORQUE X01を最強のタフネスケータイと呼ぶのは、米国国防総省が定める耐久試験(MIL-STD-810G)の18項目に加え、京セラ独自の耐衝撃テストをクリアしたからです。その独自テストは、高さ1.8mから鉄板とコンクリートに落下させるというもので、高さ1.22mからラワン材に落下させるテストが基準だったG’zOne TYPE-Xよりも高い耐衝撃性能を誇っています。また、耐振動、温度耐久、低圧対応、防湿、耐日射、耐氷結のサポートも、G’zOne TYPE-Xにはないポイントなのです。